« 擦り込まれた支配観念は恐ろしい | トップページ | 男女同権論について、再々考 »

2012年10月13日 (土)

サルの自我と人間の自我

実際サルに自我があるのかどうか、知られている現象事実から類推してみましょう。

サル学の報告を聞きかじったところでは、サルの集団ではエサやメスの取り合いをめぐってイザコザが絶えないそうです。ボス猿の役割はそのイザコザを仲裁し、集団の秩序を保つことが大半であるようです。それでも、ボスの目を盗んではメスにちょっかいをだすオスは結構いるみたいです。

また、ボスの座を巡る序列闘争も、単に腕力での強弱で決着するわけではなく、序列2位のサルとその一派のサルが連帯を組んで協力してボスを引きずりおろすということもあるようですし、その序列2位のサルがボスの座につくと今度はその一派だった味方のサルがボスに反旗を翻すようなこともあるようです。つまり、集団の中で人間社会の権力闘争に見られるような派閥争いと足の引っ張り合いは日常茶飯事のようです。

また、仲間外れにされた離れ猿がいたり(日本サルなどは母系制でオス猿が集団を離れて離れ猿になるという行動がありますが、共認された行動様式は別として)、グルーミングなどの親和行動にも積極的なサルと仲間にあまり馴染もうとしないサルとでかなり個体差があったりとか、仲間や集団との距離において性格的にもかなり個体差はあるようです。

その他に、サルは人間と同じようにマスターベーションを覚えるという事実もあるようです。現実には目の前にいない性的対象に対して性的行動をとるのはサルと人間だけだと思われます。
 これらの行動の特徴が、全て自我に基づくものであるかどうかは慎重な分析が必要だとは思いますが、少なくとも、結構自分勝手で集団の秩序を乱すような行動もとるということは事実であり、その行動の動機に自我を措定することによってこれらの現象が説明しやすくなるのではないかと思います。

こう考えてみるとサルは、ますます人間にそっくりに思えてきます。むしろ進化史の順番からいうと人間がサルにそっくりと言った方が正確でしょう。
しかし、人間がサルと違うところは、同じ自我に基づく行動でも、他人を傷つけたり、支配したり、殺したり、殺戮戦争をしたり、性倒錯に陥ったりと桁違いに集団破壊と幻想化の程度がヒドイところです。サルにも自我はあるのでしょうが、集団秩序を破壊するところまではいっておらず、ちゃんと集団を維持し自然と調和している分だけ人間よりはエライのではないかという気がします。
なかなか難しいテーマだと思いますが、せめて人類もサル並に自我を制御できれば、人間の社会ももう少し暮らしやすくなるのではないでしょうか?

雪竹恭一

« 擦り込まれた支配観念は恐ろしい | トップページ | 男女同権論について、再々考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルの自我と人間の自我:

« 擦り込まれた支配観念は恐ろしい | トップページ | 男女同権論について、再々考 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ