« ドーパミン神経が引き起こす「快」とは何か?2 | トップページ | ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン »

2013年2月27日 (水)

霊長類の視覚優位と共認機能

哺乳類の脳の特徴は大脳皮質にあり、特に霊長類で発達していることが知られていますが、この大脳皮質の各部位の機能をニホンザルと近い関係にあるアカゲザルで調べると、視覚に関連した領域の総面積が大脳新皮質全体の約55%にもなり、聴覚関連の約3.4%を大きく上まわっています。

言語を発達させたヒトでは、猿よりもやや聴覚関連の重要性が増していると考えられていますが、基本的には同様の特徴を保っているようです。

これに対し、ネズミ類などでは視覚よりも聴覚や嗅覚に関連した領域が発達しており、訓練する場合も音を使う方が容易なのだそうです。

これは、霊長類への進化の中で、それ以前の夜行性の地上生活から昼行性の樹上生活に移行したために起こったと考えられています。3次元空間である樹上世界で、枝と枝の間を揺れながら移動したり、生い茂った葉の間で餌や敵、同類を見つける生活を送るには、視覚による正確な位置判断が要求されたためです。

斎藤さんが挙げられていた「ミラーニューロン」も視覚に関連した神経細胞でしょうし、実現論による共認機能発生の記述も、明らかに視覚を媒介にしなければ成立しないものです。

視覚だからこそ「同一視」が実現した。私たちにとっては当り前の感覚ですが、霊長類が共認機能を生み出し、脳を発達させていった背景として、この視覚優位への移行が意外に重要な意味を持っていたのかも知れません。

参考:京都大学霊長類研究所「脳の世界」
リンク

田中素

« ドーパミン神経が引き起こす「快」とは何か?2 | トップページ | ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霊長類の視覚優位と共認機能:

« ドーパミン神経が引き起こす「快」とは何か?2 | トップページ | ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ