« ウィルス進化について(進化過程) | トップページ | 不妊治療の特効薬 »

2013年10月28日 (月)

現実の人間にとって、自然治癒力の強化こそが現実課題

自然治癒力と免疫システムの件は、言葉の定義を含めて、未整理である事は、その通りですが、何らかの疾患を抱えた者にとって、その疾患に打ち勝つ『自然治癒力』を強化する方法があるならば、その方法が、さしあたっての『答え』です。

生命や疾患のメカニズムは、どこまで行っても未明領域が残り、分子生物学(免疫システム論)の世界は、まだ、その入り口に着いたばかりでしょう。分子生物学そのものは、健全な人間の関心事ではあっても、疾病を抱えた者にとっては、少しでも治癒力が向上する『手法』『方法』の提示が必要です。

その意味で、一寸主流の生物学から外れていようと、疾病に苦しむ人が取り組める『方法』が提示されていることに、意味があると思います。

医師と患者と治療の関係で、こんな話があります。
1)医師が治療したから、治った。
2)医師が治療している間に、治った。
3)医師が治療したにもかかわらず、治った。
2と3のケースは正に、自然治癒力が医師の見立てを越えているケースですね。
<木村敏氏のある対談からの引用です。>

例えば、こんな話もあります。

人間は口で呼吸できるので、鼻呼吸がお粗末になり、口呼吸への依存が高まると『免疫力』が低下する。アレルギーの治療に為に、鼻呼吸に戻す方法の指導を受け、その通りに呼吸様式を直したら、悪性のアレルギーが見事に治った。
(<西原(克成)式治療法とも言われています。)

現実の人間にとっては、『免疫システム』が体全体にとって意味を持ってくる『治癒システム』『治癒力』の階層が、焦眉の課題ですね。

村田貞雄

« ウィルス進化について(進化過程) | トップページ | 不妊治療の特効薬 »

コメント

ラルフローレン ボーイズ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実の人間にとって、自然治癒力の強化こそが現実課題:

« ウィルス進化について(進化過程) | トップページ | 不妊治療の特効薬 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ