« 神経細胞の特殊性と免疫機能 | トップページ | “個性”は自分のためにあるんじゃない »

2013年10月 4日 (金)

神経系と免疫系の共通性と相互関係

哺乳類、サル、ヒトへの進化過程が、脳・神経系の高度化或いは分化徹底化と考えると、その高度化に平行して、免疫系も高度化(免疫グロブリンの分化・多種類化)しているように見えますね。

吉国さんが云っている様に、免疫系の出発点は、細胞間の認識(同類認識、同類他者認識としての膜タンパクの認識)と相互情報交換(化学物質の細胞外放出による相互認識)ですね。これは、神経細胞の役割と全く同じです。
この構造的共通性には、内分泌細胞(内分泌ホルモン系)を加える必要がありそうです。

そして、脊椎動物の系統では、脳・神経系、免疫系、内分泌系の3つの統合システムが、多細胞生命体の全体システムとして成立しています。

(脳・神経系と内分泌系の相互作用は、性ホルモンの作用、性分化の作用が脳の高次機能からも関与を受けることが、何度か議論されて来ました。)

免疫系、脳・神経系(加えて内分泌ホルモン系)は、実は1つの原基から分化したものではないかとの考えですね。そして、神経系の分化、高度化が免疫系の複雑化、精密化を招き、不必要にウイルスの排除を行おうとして、逆に免疫系の負荷を高めて行っている。サル、ヒトでの脳・神経系の高度化の限界が、免疫系の不全として現出しているのではないかとの考えですね。

幾つか納得できる点があります。そのような視点で始めて意味に気づいた点です。

1つは、神経系が散在神経系で構成され、中枢神経を神経節でつくる「昆虫」の系統では、自然免疫だけがあり、獲得免疫(細胞膜の表面タンパクを特異的に認識して、排除或は共存の選択をする機構)がありません。
脊索動物から脊椎動物に至る中枢神経を管状に形成する系統で、初めて、細胞膜の表面タンパクを認識する獲得免疫の機構が出現してきます。

神経系の高度化の形態の違いが、免疫系の違いになっていますね。

脊椎動物の獲得免疫系の典型細胞がT細胞とその成熟器官の胸腺ですが、この胸腺の上皮細胞が、脳の星細胞と同じく、外胚葉(神経堤)から分化、移動してくるようなのです。発生過程で、共通細胞領域から分化してくるのですから、その関連性は大いにあると云えそうです。

「場」の生物学その5 生命の技法(中編)
リンク(PDF)
が参考になります。
鳥居薬品の健康に関する情報
マンガ免疫学・マンガライフサイエンス
リンク
リンク
からです。

免疫系の話が他にもあります。
「場」の生物学その4 生命の技法(前編)
リンク
「場」の生物学その6 生命の技法(後編)
リンク
おまけ?・応用編その5.妊娠という壮大なドラマ
リンク

長くなりますので、後幾つか断片的に気づいた点を挙げておきます。

ヒトの感染症で、いつも問題になるインフルエンザは、確か鶏が原保菌動物で、そこで変異して、ヒトに感染してくる。何故、鶏(鳥類)では無害なモノが、ヒトでは発熱、嘔吐、呼吸不全を発生させるのか。発熱、嘔吐、呼吸不全等はウイルスによる細胞侵食というよりは、ウイルス侵食に対する獲得免疫機構の発現による防御作用が、神経系への作用(発熱)、表皮粘膜での混乱(嘔吐や呼吸不全)になって現れてくるわけです。過剰防衛ではないかとも見れます。
(但し、インフルエンザで過去大量の死者が出ていますので、獲得免疫機構が作動しなかったらもっとダメージがあるかも知れませんが。)

もう一つが、HIV(ヒト免疫不全症ウイルス)です。この元は、SIV(サル免疫不全症ウイルス)と呼ばれるもので、アフリカのサル、霊長類に感染する比較的良性のウイルスです。良性の意味は、SIVは、感染したサルの寿命の間、共存できるぐらい穏やかに増殖する。

このSIVウイルスの変異体が、ヒトに感染すると、致命的な感染症となり、最後は免疫系全てを狂わすことになります。AIDS(後天性免疫不全症候群)です。

サルとヒトとの差をなすモノは何か。大変気になるところです。

実は、免疫疾患と脳・神経系の関係では、ヒトの大脳皮質の左右差と自己免疫疾患の発生差が確認されています。人の脳進化(観念回路の獲得)は、サル以上に大脳の左右分化を果たしていますので、この辺がヒントにならないかと思っていますが。

村田貞雄 

« 神経細胞の特殊性と免疫機能 | トップページ | “個性”は自分のためにあるんじゃない »

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神経系と免疫系の共通性と相互関係:

« 神経細胞の特殊性と免疫機能 | トップページ | “個性”は自分のためにあるんじゃない »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ