« ピュア化の方向は生物の認識機能を縮退混濁させている | トップページ | 子どもの半数が、アレルギー症状有り?!(東京都調査より) »

2013年12月30日 (月)

否定視発アレルギー

>私たちの体は、機能が異なる細胞で作られています。どの機能を働かせるかを瞬時に決めるのが自律神経で、免疫と深いかかわりがあります。自律神経は、交感神経と副交感神経の拮抗関係で成り立っています。(中略)この自律神経に、白血球の二つの成分が支配されていることが八年前、私たちの研究で分かりました。二つの成分とは顆粒球とリンパ球です。交感神経が活発になると、顆粒球が増え、副交感神経が活発ならリンパ球が増えます。(中略)(リンパ球が)増えすぎると、アレルギー症状を起こしやすくなります。(40177)

去年、突如じんま疹が発生したことがあった。
仕事も、周りとも上手くいかず、
自律神経が不安定(=所謂ストレス)状態。

周り・うまくいかない自分に対しての否定視で、じんま疹発症。
→そのじんま疹を見て更に気分が滅入る。
→「なんで私ばっかり」・・・周りに対し、自分に対し否定視。
→症状は悪化してゆくばかり。。。
そんなスパイラルに陥ってしまった。

医者では、「ストレスを溜めない生活を送りなさい」と言われただけ。
自分で市販の塗り薬を塗ってもなかなか治らなかった。

そんな時、自分の不全を内に溜め込むのではなく、周りに発信してみた。
感謝と謝罪のトレーニングもした。(7472976604)

みんなと話し合うことで、感謝と謝罪のトレーニングをすることで、
共認充足が得られ、活力は上昇。

いつの間にか、じんま疹は消えてなくなっていた。

現実への肯定視・共認充足・感謝と謝罪のトレーニングが、
一番の特効薬であることを体感したる。

匿名希望

« ピュア化の方向は生物の認識機能を縮退混濁させている | トップページ | 子どもの半数が、アレルギー症状有り?!(東京都調査より) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 否定視発アレルギー:

« ピュア化の方向は生物の認識機能を縮退混濁させている | トップページ | 子どもの半数が、アレルギー症状有り?!(東京都調査より) »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ