« 免疫機能に有用性を判断する力はあるか | トップページ | アレルギーは免疫機能が正常に働いていることの現われ? »

2014年1月 8日 (水)

進化史は次代への羅針盤となる

最初はとっつきにくいと思われがちの進化史ですが、実は知れば知るほど面白いのも、進化史です。

また、本当は自分たちの事を全くわかってないことに気付きます。
特にオスメス分化や、生物の多様性の持っている意味を知れば、いかに現在の好き嫌いなどの価値観念に基づいた間違った判断が横行しているかにも気付け、それが次代の羅針盤ともなります。

>進化を知ることは実現基盤を知るという事。(122041)
という事ですね。

田宮昌明

« 免疫機能に有用性を判断する力はあるか | トップページ | アレルギーは免疫機能が正常に働いていることの現われ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化史は次代への羅針盤となる:

« 免疫機能に有用性を判断する力はあるか | トップページ | アレルギーは免疫機能が正常に働いていることの現われ? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ