« 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 | トップページ | クジラ目への進化の第一歩は、生存闘争の敗退から始まった。 »

2014年3月31日 (月)

有蹄動物の進化の歴史

ウマの進化(奇蹄動物)
ウマは、ヒラコテリウム(奇蹄目ウマ科/60cm 体高20cm 前足4本、後ろ足3本)という小さな動物から進化しました。はやく走るために蹄は一本になり、歯はかたい草を食べることができるように大きくじょうぶになりました。

 ウマの仲間は蹄の数が4本→3本→1本と少なくなり、歯は低冠歯から高冠歯へと進化しています。これらは身を隠すことのできない草原で敵から早く走って逃げるためであり、草原に豊富にある粗雑でかたい草を餌にしたためでもあります。傾向進化の好例としてよく取り上げられますが、それはあくまで主流に着眼しているからであり、その陰には絶滅していった多くの亜流の存在があります。

 奇蹄目と偶蹄目はか節目とよばれるグループから始新世の始め(5400万年前)に北半球でほぼ同時に分かれたと考えられています。多くの奇蹄目は、当時の森林環境に素早く適応し繁栄しましたが、偶蹄目とウマ科の適応放散は中新世(2600万年前~700万年前)の気候変化で草原が拡大したことにより爆発的に起こり、このときにウシ科の祖先が登場しています。適応放散の中心地はウマでは北アメリカであり、偶蹄目では旧世界でした。その後、北アメリカの有蹄類は死滅していますがその原因はよくわかっていません。

奇蹄目は、新生代第三紀の初期(始新世5500万年前~3600万年前)に大繁栄しましたが、今ではサイ科・バク科・ウマ科の3科だけになってしまいました。これに対して、偶蹄目は次第にその勢力を広げており、現在で9科が現存し、有蹄類全体の90%を占めています。

 奇蹄目の多くが木の葉を食べる動物であったことから、環境の変化により草原が生じたとき、これに適応して進化した偶蹄目に置き換えられ死滅したと考えられています。一方、ウマ科の動物は草原の環境によく適応して北アメリカで繁栄していましたが、今から1万年前に突然死滅しています。その原因は不明ですが、何か伝染性の病気が流行したのではないかと推測されています。人間は幸いにもアジア大陸に生き残ったウマを家畜化しています。
リンク
リンク

始新生末期ヒマラヤ山脈や地中海の誕生という地殻変動により亜熱帯のようだった気候がだんだんに寒くなり、森の減少→草原化によって奇蹄目の中の木の葉を食べる種が、草原に適応できずに死滅。奇蹄目の中の3種のみが草原や水辺に適応した(ウマ・サイ・カバ)。奇蹄目の減少により草原に進出し適応拡散して爆発的に増えていきます。そもそも、偶蹄目の始祖は岩場など足場の悪いところでも生活するため、偶数の蹄を持つようになったと言われています。足場の悪いいわばから、気候変動によって生まれた草原まで幅広く生息域を広げていったことが、90%を占める草食動物となっていったと思われます。偶蹄目(ウシ目) ウシ、シカ、キリン、カバ、ラクダなど10科からなる。



ちなみに、奇蹄目(一つしか胃袋がない)と偶蹄目(複数胃袋を持つものもある)の違いについて胃袋の違いがあるようですが。偶蹄類のイノシシは複数の胃を持ちません。反芻動物は偶蹄類に含まれますが、すべての偶蹄類が反芻動物というわけではないようです。

石川笑美

« 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 | トップページ | クジラ目への進化の第一歩は、生存闘争の敗退から始まった。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有蹄動物の進化の歴史:

« 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 | トップページ | クジラ目への進化の第一歩は、生存闘争の敗退から始まった。 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ