« 樹上生活への適応 | トップページ | 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 »

2014年3月25日 (火)

森林の後退と種間闘争で草原へ出て行った草原動物

新生代・始新生(5500~3400万年前)では、地球全体が現在よりはるかに暖かく、北緯60度~70度付近まで亜熱帯林の森林であったと推定されている。
地上では、柔らかい木の葉や根を食べる原始的な有蹄類が繁栄し、樹上では原始的な霊長類や齧歯類等が進化した。

新生代の初めは地球全体の気温は高かったが、漸新世の初め(約3400万年前)頃から、中・高緯度地方を中心に急激に気温は低下した。この寒冷化に伴って、中・高緯度地域を中心に乾燥化が進み、草原が広がっていった。
*気温が急激に低下した理由は、大陸移動により南極大陸が南アメリカとオーストラリアから完全に分離して、南極の周りを回る周南極海流という海流ができ、大気の循環にも影響を与え、赤道地域と南極地域との間での熱の循環が悪くなったと考えられている。

この乾燥化により森林は後退し、森林の中で種間闘争を繰り広げていた哺乳類は、草原に追い出された。この森林後退の逆境により、草原に出て、草原での生存に適した形態(硬いイネ化植物に適応した歯、早く走る足、大型化等)へと進化していく。

このようにして、奇蹄類(ウマ・バク・サイ等の祖先)、偶蹄類(イノシシ、カバ、ラクダ、シカ、キリン、ウシ等の祖先)、げっ歯類(ネズミ、ウサギの祖先)などの中に草原に適応した種が現れた。

参考:リンク

村上祥典

« 樹上生活への適応 | トップページ | 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 »

コメント

当店はブランド時計コピー品の通販店です。
ルイ.ヴィトンバッグコピー品:http://www.famousbag.net/category-8-b0.html
2014バーキンバッグコピー品新作なら、
シャネルバッグコピー品にお任せ!
正規と比べて、品質が無差別です!
エルメスバッグコピー品のお求めはぜひ当店へ。
シャネルバッグコピー品 http://www.famousbag.net/category-229-b0.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森林の後退と種間闘争で草原へ出て行った草原動物:

« 樹上生活への適応 | トップページ | 地球大変動~哺乳類、森林から草原への適応 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ