« 哺乳類の冬眠 | トップページ | 両生類~爬虫類・哺乳類の進化系統樹 »

2014年5月12日 (月)

種の保存としての性闘争

性闘争って聞くと、どうしてもなんだか個VS個の醜い争いを連想してしまっていました。しかし、それは、自分の中の観念が作り出した、ただの想像にしか過ぎませんでした。

性闘争
それは、種の保存のために強者を決めるということ。そのために、より強い種を残すために闘うということ。

そう思うと、そこにはすごいエネルギーを感じます。
久保田彰子

« 哺乳類の冬眠 | トップページ | 両生類~爬虫類・哺乳類の進化系統樹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種の保存としての性闘争:

« 哺乳類の冬眠 | トップページ | 両生類~爬虫類・哺乳類の進化系統樹 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ