« 人類の移動につきまとう ウィルスという逆境 | トップページ | 人類の移動と疫病の歴史 »

2014年6月14日 (土)

BSEの原因も化学物質にある?

BSEにしてもBSEと関連があるとされているvCJDにしても、イギリスがダントツに多いとされており、
>vCJDと確定されたものは、平成17年1月現在、英国で153名が報告され、その他フランスで9名、アイルランドで2名、イタリア、米国及びカナダで各1名が報告されました。<リンク

さらにリンク
にあるようにイギリスでBSEは発生したと言われています。

なぜイギリスなのか?が気になったので調べてみると、面白い切り口を発見しました。以下、引用。リンク

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「新仮説-BSEの原因は肉骨粉ではない」/英国の有機農業家 マーク・パーディ氏の講演から/強い酸化因子が働き脳内に異常プリオン 

 BSE(牛海綿状脳症)の原因が肉骨粉であると言われてきたが、イギリスの有機農業家マーク・パーディ氏は、ヤコブ病や羊のスクレイピー、BSEなどが群発する地域を調査、その結果「マンガンと紫外線、有機リン系農薬などの酸化力の強い環境因子」がBSEを引き起こすとの確証を得た。日本有機農業研究会の招きで来日したパーディ氏は、北海道、千葉、東京など、各地で講演した。以下、講演要旨。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇

 ■BSE、農薬と相関
 自分の農場でもBSEが一頭発症したが、それはよそから買い入れた牛で、自分のところで生まれた牛にはBSEは発症していない。有機農場で生まれた牛には、一頭もBSEが発症していないという事実から、「有機農場でやっていること、やっていないこと」のなかにヒントがあると思った。
 イギリスでは八二年に、牛バエの幼虫駆除のために、浸透性のある有機リン系の殺虫剤の使用が義務付けられた。これは油性で、頭からしっぽまで背骨に沿って注ぐ。有機リン系は神経のシグナルをコントロールするたんぱく質の分子を変え、シグナルが伝達されなくする。このことから有機リン系農薬が、プリオンたんぱくの形を変える、との仮説を立てた。イギリスにおける有機リン系殺虫剤の使用地域と、BSEの発生地域に相関関係が見られる。
 では、EUでも有機リン系を使っていたのに、なぜイギリスにだけBSEが多発したのかといえば、イギリスは、他の国の四倍の濃度で使っていたからだ。

 ■マンガン過剰が引き金
 ロンドンの神経科学研究所で有機リン系のたんぱく質への影響実験を行った。変化は起きたが確証は得られなかったため、有機リン系の働きを引き出す環境因子がある、と考えるようになった。
 このため羊のスクレイピーや、ヤコブ病、BSEなどが群発している世界各地の環境調査を行った。アメリカ・コロラド州、アイルランド北部、スロバキア・オラバ地方、イタリア・南部やシシリア島などを調査、全ての地域に同じ地質的な特徴があることがわかった。それは、「高度が高い」「カプリア前期の土壌」「針葉樹が多く、雪が残っている」などで、こうした地域は紫外線が強かったり地上のオゾンガスが多いなど酸化力が強い。
 もう一つの特徴は火山やマンガン鉱山、製鉄所、空港の離陸滑走路などが近くにあり、土壌や植物のマンガン含有率が異常に高いことである。

 ■脳の中で作られる異常プリオン
 オハイオ州・クリーブランド大学の研究によると、ヤコブ病で亡くなった人の脳では銅が通常の半分しかなく、マンガンが十倍になっているという。ケンブリッジ大学のD.ブラウン博士は、プリオンから銅を取り除いてマンガンを添加すると分子の形が変化、有機リン系では現れなかった変化が現れた、としている。 ブラウン博士によると、銅は脳の中で抗酸化効果を持っているという。
 BSEは、プリオンたんぱくと結合している銅がマンガン(+2)に置き換わる。この時点では「眠っているプリオン」だが、有機リン系や紫外線などの酸化力の強い刺激によってマンガンが(+3や+4)になったとき、フリーラジカルが促進され損傷が起こると考えられる。従って、異常プリオンは、外から入ってくる物ではなく、環境ファクターによって脳の中で作り出される物である。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

そもそも、BSEはほとんど先進国でしか発生していない。つまり、よく言われている牛骨粉ではなく、原因は化学物質にあるのではないでしょうか?

立石裕美

立石裕美

« 人類の移動につきまとう ウィルスという逆境 | トップページ | 人類の移動と疫病の歴史 »

コメント

Actually its referred to as Search engine optimization that when i search for this post I found this web page at the top of all web pages in search engine. eckccceeddef

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSEの原因も化学物質にある?:

« 人類の移動につきまとう ウィルスという逆境 | トップページ | 人類の移動と疫病の歴史 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ