« アデロバシレウスは卵生だった? マスコミの云う事を鵜呑みにしてはいけない。 | トップページ | ウイルスの歴史は人類史よりも遥かに長い »

2014年6月 2日 (月)

ウイルスの歴史は人類史よりも遥かに長い

人類にとって、過酷な自然環境を「目に見える(五感をはじめとする本能で認識できる)外圧」とするなら、もう一つ「目に見えない(観念を使わなければ認識できない)外圧」=疾病(細菌やウィルス)がある。

有史を振り返っても、「天然痘」(ちなみに、古代エジプトのクフ王のミイラからも天然痘の典型である痘痕が見つかっているようだ)、20世紀の初めに全世界に広がり死者2000~6000万人を出した「スペイン風邪」、有史以降だけでも世界で3度大流行した「ペスト」等が猛威を振るい、現在でも「SARS」や「HIV」等、人類を苦しめる感染症は数多く存在する。
また、日常の生活圏での感染はなくても、例えば海外に行く場合など、行先によっては予防接種を受ける必要があったり、子供の予防接種(風疹やBCG等)があるのも、人類がいかにウイルスに弱いかを裏付けている。

人類の遺伝子が3万くらいなのに対して、ウイルスはその100分の1以下の遺伝子しかないが、人類よりも遥か昔の約30~40億年前に地球上に出現し、生物の細胞に寄生して適応してきた。

今でこそ、様々な研究や多様なワクチン等の開発により、‘かつての感染症’に対しては怯える必要がなくなったが、情報の共有・伝達・蓄積が困難だった数百 万年前の人類の多くが、これらの感染症に対抗できなかっただろうことは容易に想像がつく〔エドワード・ジャンナーによる牛痘の天然痘に対する抵抗(免疫) 性の発見さえ、19世紀前後のことだ〕。

林昭光

« アデロバシレウスは卵生だった? マスコミの云う事を鵜呑みにしてはいけない。 | トップページ | ウイルスの歴史は人類史よりも遥かに長い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスの歴史は人類史よりも遥かに長い:

« アデロバシレウスは卵生だった? マスコミの云う事を鵜呑みにしてはいけない。 | トップページ | ウイルスの歴史は人類史よりも遥かに長い »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ