« 母子を通じて受け継がれる免疫環境 | トップページ | 哺乳中は排卵しない。なのに年子がいるのは何で? »

2014年6月29日 (日)

人類は個の保存ではなく集団の保存に可能性収束した。

性闘争本能とは、「個の保存⇒種の保存」という可能性収束
共認機能獲得とは、「集団の保存⇒種の保存」という可能性収束

性闘争自我闘争を封鎖しない限り、人類存続の可能性は開かれない。
 
むらいくと愉快な仲間達

« 母子を通じて受け継がれる免疫環境 | トップページ | 哺乳中は排卵しない。なのに年子がいるのは何で? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類は個の保存ではなく集団の保存に可能性収束した。:

« 母子を通じて受け継がれる免疫環境 | トップページ | 哺乳中は排卵しない。なのに年子がいるのは何で? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ