« オキシトシンと哺乳類の集団本能 | トップページ | 女たちが期待すれば、男たちは一体となって闘ってくれる。 »

2014年7月14日 (月)

個が大事?or 集団が大事? そんなことの前に・・・。

個人が大事?⇒それは個人主義じゃないの?
集団が大事?⇒それは集団主義?全体主義なんじゃないの?
キミはいったいどっちだと思う?

こんな議論を聞いたことがある。
この議論がいかにおかしな議論であるか、生物の摂理に反しているかが
↓この文章を読むとよくわかる。
実現論1_3_07

哺乳類の場合、種を存続させる為の淘汰機能として個間闘争(縄張り闘争)を強化した。けれどもそれが激化しすぎると集団が維持できない。だからそれを抑制するため同時に親和機能も同時獲得している。集団が存続できるから個は生き残れる。

個にしろ、集団にしろ、全ては徹頭徹尾「種の存続」へ収束する。
それが生物の摂理。

個が大事か?集団が大事か?
そんなことの前に、種としてどう生き残るかが最重要!

野田晋一郎

« オキシトシンと哺乳類の集団本能 | トップページ | 女たちが期待すれば、男たちは一体となって闘ってくれる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個が大事?or 集団が大事? そんなことの前に・・・。:

« オキシトシンと哺乳類の集団本能 | トップページ | 女たちが期待すれば、男たちは一体となって闘ってくれる。 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ