« 免疫とは-1 | トップページ | 哺乳類の摂理について【1】 »

2014年9月 3日 (水)

免疫とは-2

免疫プラザ リンクより

免疫細胞の種類と役割
○白血球-①単球・・・・・・・・マクロファージ、樹状細胞
    -②リンパ球・・・・・・T細胞、B細胞、NK細胞
    -③顆粒球・・・・・・・好中球、好酸球、好塩基球

マクロファージ(貧食細胞、抗原提示細胞)
プリミティブ(原始的)でアメーバ状の細胞。体内に侵入してきた異物を発見すると急行、自分の中に細菌、 ウイルス、ホコリなど次々と取り込んで貪食処理する。・貪食処理し切れない場合は、異物(抗原)を表面に提示、「外敵 が来た!」と、ヘルパーT細胞に情報を伝え、助けを求める。・ウイルスの死骸、殺傷された感染細胞やガン細胞、また、寿命 がきた顆粒球、赤血球や白血球などを掃除する。・T/ヘルパー細胞と共同で、TNFα(腫瘍壊死因子)、IL12(インタ ーロイキン12)、INFα(インターフェロンα)などのサイトカイン 放出に関与、NK細胞などを活性化。

樹状細胞(抗原提示細胞)
マクロファージがヘルパーT細胞に信号を送るとき、自然免疫系と獲得免疫系をリンクする重要な役目を担い、高い抗原提示能(抗原をT細胞が認識できるよう部分的に加工、T細胞内に情報を伝達する)を発揮する。

T細胞
T細胞は主に感染した細胞を見つけて排除する。T細胞は3種類 あり、それぞれ司令塔、殺し屋、ストッパーの役目を担う。
・T/ヘルパー細胞は免疫の司令塔であり、助っ人。マクロファージから病原菌(抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体を作るよう指令を出し、抗体を作るのを助ける。マクロファージと共同で、サイトカインを放出、T/キラー細胞、NK細胞を活性化させる。
・T/キラー細胞は殺し屋。T/ヘルパー細胞から指令があると、感染した細胞にとりついて、その細胞を殺す。
・T/サプレッサー細胞はストッパー役。過剰に攻撃したり、武器を作ったりしないように抑制したり、免疫反応を終了に導く。

B細胞(抗体産生細胞、抗原提示細胞)
・T細胞の指令により、病原菌(抗原)に応じた抗体を産生し、抗原を攻撃する。B細胞はあらかじめ表面にレセプターをアンテナのように掲 げ、抗原と結合、同時に抗原を提示する(標識になる)。

NK細胞
NK/ナチュラルキラー細胞は文字通り生まれついての殺し屋。殺傷力が高く、常に体内をパトロールし、ガン細胞やウイルス感染細胞を見つけると、単独で直接殺す。白血球全体の15%~20%位の割合。トランスファー因子などサイトカインによって活性化される。

好中球(貪食細胞)
好中球は顆粒球の90%以上を占めている。・強い貪食・殺菌能力を持ち、主に細菌やカビを貪食する。

好酸球
寄生虫感染に対する免疫に関与する。アレルギーなどの際に増加し、弱い貪食能力を持ちヒスタミンを不活性化する。

好塩基球
肥満細胞、顆粒内に種々の活性物質(ヒスタミン等)を含有し、炎症反応等に関与する。

○闘う戦士達
第一戦士:SODは、細胞そのものを傷つけようとする活性酸素を取り除き細胞を守ります。この時、SODが正常に働かないと動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・肝機能障害などの障害が起こる元となります。

第二戦士:免疫のおおもとである白血球の基本細胞マクロファージは、細菌や異物をキャッチして自らも貪食殺傷しますが、敵発見をリンパ球にいち早く知らせ、T/ヘルパー細胞と共同して細胞間情報伝達物質(細胞間の言葉)であるサイトカインを放出、免疫戦士を活性化させます。

第三戦士:リンパ球(免疫戦士)は細菌や雑菌はもちろん主にウイルス、日々進化するエイズウイルスやインフルエンザウイルスなどを攻撃殺傷します。さらにガン細胞をも発見、増殖を阻み攻撃殺傷します。抗体を生産、抗体を使って敵を倒してくれるのもこの戦士です。このリンパ球の力が弱くなっていると、インフルエンザやエイズ、肝炎、ガン細胞の増殖などにかかってしまいます。

第四戦士:顆粒球は主に細菌や雑菌、食中毒を起こす様々な菌、O-157やピロリ菌などと戦い、ケガなどの傷口から侵入した比較的大きい細菌を貪食殺傷する働きをします。この顆粒球が働かず菌がはびこると、食中毒・コレラ・結核・破傷風・胃潰瘍・赤痢などを引き起こします。


さらにマクロファージが産生するサイトカイン(トランスファー因子、インターフェロンなど)も、メッセンジャー(情報伝達)、コントロール(制御)物質として、細胞の活性化、成長、分化をコントロールするという大変重要な働きをしています。
免疫物質であるサイトカインは、近年、免疫系だけではなく、神経系、内分泌系の生体の重要な機能も調節している、生理活性因子であることも判ってきました。

白血球に占める割合が60%と最も多い顆粒球は、いわゆる免疫を持っているわけではありませんが、「非自己」に対しては、貪欲に体内に入った圧倒的に多い数の、比較的大きな細菌のほとんどを処理する働きをします。

引用以上

「るいネット」ファン

« 免疫とは-1 | トップページ | 哺乳類の摂理について【1】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫とは-2:

« 免疫とは-1 | トップページ | 哺乳類の摂理について【1】 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ