« 母系集団の形成過程 | トップページ | 人類のみが有する固有の器官~可能性収束の結晶物~ »

2014年12月29日 (月)

有袋類と真獣類の違い(卵胎生からの可能性収束)

哺乳類は、卵胎生から恒温性を発達させて、生殖方法で大きく2つに分岐する進化を遂げました。それがいわゆるコアラやカンガルーに代表される有袋類と、ネズミ、チンパンジー、や私達人類にも当てはまる真獣類という分類です。

簡単に言ってしまえば、

 ①育児嚢で子供を育てる、有袋類            
 ②胎盤を利用して子宮内で子供を育てる、真獣類   

という2つの生殖方法が卵胎生から次の進化の可能性として確立されたということです。

ここで、これらの生殖方法の違いにおける利点や不利な点を比較すると

①は、妊娠約1ヶ月あまりで出産し、その後ほぼ1年間袋の中で育てるという仕組みを採ります。そのため、母体に直接与える影響が少ないという利点がある一方で、胎児の抵抗力が低い時期に外気に触れる機会が多くなるため、ウィルスや環境変化による影響を受けやすいという傾向があります。(付け加えると、袋の中は湿気を多く含んでいるため、細菌等が繁殖しやすい環境となっています)

それに対して
②は、妊娠後すぐに出産するわけではなく、しばらくは胎盤内で育てる期間があります。これは抵抗力の弱い胎児を体内で育てることでウィルスや環境変化に少しでも対応させる意味合いが強いです。これは、データとしても生存確率が有袋類より高いという事実からも確かです。しかし、これは同時に、母体に直接与える影響を長期に延ばすというリスクを背負っているということにもつながり、外敵からいかに身を守るかが重要な鍵になります。

汚れなき男

« 母系集団の形成過程 | トップページ | 人類のみが有する固有の器官~可能性収束の結晶物~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有袋類と真獣類の違い(卵胎生からの可能性収束):

« 母系集団の形成過程 | トップページ | 人類のみが有する固有の器官~可能性収束の結晶物~ »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ