« 改めて「なぜ免疫を追求しているのか?」が分りました! | トップページ | 「安定と変異」という視点で哺乳類の進化を捉え直す »

2015年4月19日 (日)

なんで適応するの?

人間=観念動物であるが故に、考えてしまう事のある疑問。

すなわち、「生きるのはなんで?」とか「何で生物が居るの?」といった疑問をぶつけられる事がある。

しかし、この疑問は、わざわざ頭を使って考えるようなものでは無い。

何故ならば、事実としてそのような構造が実在し、現実に存在するその状況をありのままに肯定視するだけの事だからだ。

むしろ、常に事実が先にあり、それらを的確に捉えるために我々は観念を使えるように進化してきた生き物なのであり、事実構造に対してたまたまある概念を当てはめたものの一つが、「適応」であり「生きる」という事なのである。

ところが、これらの観念は時に潜在思念とかけ離れた所で暴走してしまう事がある。それが、古代宗教や近代思想に代表される、頭の中だけで生み出された架空観念・倒錯観念の類いであろう。

迷った時こそ、体に聞け!
そこには、生命体の誕生から現在まで、凡そ35億年もの歴史を積み重ねてきた、外圧適応態、そして進化積層態としての現実が在る。

地球上に誕生した生物種の99%が絶滅したと言われる中で、現在も生きてこれた、即ちわずかな可能性にかけて成功体験を積み重ねてきた現実だけは、否定の余地など一寸も無く、それらの成功体験にはただただ感謝の念が産まれるだけではないだろうか。

「実現論.前史」リンク
とは、そういった当り前の事実を鮮明にしてくれる、構造認識の賜物である。

« 改めて「なぜ免疫を追求しているのか?」が分りました! | トップページ | 「安定と変異」という視点で哺乳類の進化を捉え直す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんで適応するの?:

« 改めて「なぜ免疫を追求しているのか?」が分りました! | トップページ | 「安定と変異」という視点で哺乳類の進化を捉え直す »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ