« 頭がいいといわれる動物は「遊び」ができる | トップページ | 【図解】哺乳類の性闘争本能 »

2015年6月30日 (火)

変異存在たる男は、外圧に応じて働く

>闘争存在である男性は、闘争課題があるとがんばるものの、闘争圧力がなくなると途端に「怠ける」ということ。外圧依存型の闘争性や勤勉性はもっているものの、何もない時には怠けがちなのがオスという生物なのでしょう。<(215029) 外圧適応態としての生物は、   女(メス)は安定存在   男(オス)は変異存在 の両方で適応(新たな外圧変化には自らも変化(外圧と闘争)し、そして集団として適応⇒安定)してきた。 従って外圧に適応する為に変異するということは、言い換えれば外圧が低ければ変異(状況打開)の必要もなくなるので、闘争しなくなる、というのが男なんでしょうね。

佐藤晴彦

« 頭がいいといわれる動物は「遊び」ができる | トップページ | 【図解】哺乳類の性闘争本能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変異存在たる男は、外圧に応じて働く:

« 頭がいいといわれる動物は「遊び」ができる | トップページ | 【図解】哺乳類の性闘争本能 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ