« 「気」の力(自然治癒力)でガンは消えた | トップページ | 植物は葉緑素によって虫から身を守っている…北大が発見 »

2016年2月19日 (金)

生きる力を本気で教えることが教育教育に求められていること。

教育に求められていること。教える教育が終わった時代に、子どもに伝えるべきこと。 これらを考えさせられる記事があったので紹介します。

以下引用(リンク)

******************************  本来、子どもたちが、たくましく生きる力を身につけるために必要なのは、たくましく生きているお手本となる大人を見ることではないでしょうか。大人たちに「生きる力」がみなぎっていれば、子どもたちだって自然にそれをまねて、自分のものにしていくのではないかと私は思います。しかし今、ことさらに「生きる力」が足りない、「生きる力」を身に付けさせなければいけないといわれているということは、そもそも「生きる力」を備えた大人が少ないということではないでしょうか。  「これからは英語が必要だ」、「ITリテラシーも必要だ」、「偏差値よりも思考力だ」、「ディスカッションやディベート能力がないとこれからのグローバル社会では生きていけない」などと、大人たちは自分たちの未来予測に基づいて、もっともらしいことを言います。しかし、もしその未来予測が外れたら子どもたちが生きていけなくなるのだとしたら、それは本当の「生きる力」とはいえないはずです。「生きる力」という言葉には、「どんな世の中になっても生きていけるための力」というニュアンスが込められているはずです。 ****************************** 「生きる力」=「どんな世の中になっても生きていけるための力」というのは、とても大切な考え方だと思います。 プレゼンがうまくなる、コミュニケーションがとれる、というのはあくまでその結果に過ぎません。 それらの根源となる考え方は「生きる力」なのです。自分でしっかり考えて、答えを見出していく力が求められています。 引き続き引用 ******************************  大昔においては、狩猟のスキルが生死を分けました。農耕のスキルが最重要だった時代もあります。戦いのスキルが求められた時代もありました。そして現在……。時代によって、生きていくために必要なスキルは変わります。しかもその変化は現在加速度的に速くなってきています。つまり、未来予測は大変困難。「生きるためにこれとこれが必要だ」と教えてもらうことでは「生きる力」は身に付かないのではないかと思います。その場その場で自分が生きていくうえで必要なものを自分で見極めて、どうやったらそれを手にすることができるかを考え、そのための努力を続けることができる力こそが「生きる力」の正体であるといえるのではないでしょうか。  「自分は英語ができなくて悔しい思いをしたから、お前には同じ思いをさせたくない。だからとにかく英語はやりなさい」と親が子に言うのは「生きる力」を授けることとは真逆のメッセージです。小さいころから英語を勉強して、流暢な発音を身に付けることが「生きる力」になるのではなく、英語が必要だと感じればただちにそれを習得し、中国語が必要だと感じればただちにそれを習得することができる力を携えさせることこそが「生きる力」になるのだと私は思います。それなのに、今の教育議論は、「子どもに何を教え授けるべきか」がばかりに終始しているように思います。  教育とは本来、どんな世の中になっても生きていけるための力を子どもたちに携えさせていく営み。それ以上でもそれ以下でもありません。「生きる力って何ですか?」という問いと向き合うことで、そのことが再確認できるのではないでしょうか。 ****************************** 引用終わり 教育に向きあおうとしたとき、「本気で生きる力を与えたい」と考えることが、現在の教師に求められていることではないでしょうか。

« 「気」の力(自然治癒力)でガンは消えた | トップページ | 植物は葉緑素によって虫から身を守っている…北大が発見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きる力を本気で教えることが教育教育に求められていること。:

« 「気」の力(自然治癒力)でガンは消えた | トップページ | 植物は葉緑素によって虫から身を守っている…北大が発見 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ