« 生きる力を本気で教えることが教育教育に求められていること。 | トップページ | 自然に学べ ~周りのあらゆるモノが追求対象~ »

2016年2月22日 (月)

植物は葉緑素によって虫から身を守っている…北大が発見

植物からすれば、当然葉っぱは食べられたくない。一方で、植物ごとにその葉っぱを食べる虫が存在する。これから分かることは、植物も虫も絶えず現在進行形の外圧適応態として存在し続けているということなのでしょう。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

北大、植物が虫から身を守るための新しいメカニズムを発見(リンク

 北海道大学の胡学運らによる研究グループは、植物は葉緑素(クロロフィル)によって虫から身を守っていることを発見した。

 植物は、葉緑素(クロロフィル)に酵素クロロフィラーゼを作用させることで、クロロフィリドと呼ばれる物質を作り出す。この酵素は100年以上も前から存在が知られていたものの、その役割については明らかになっていなかった。

 今回の研究では、まず細胞の成分を遠心分離したところ、クロロフィラーゼが植物内細胞の液胞や小胞体にあることが分かった。つまり、葉緑素(クロロフィル)は葉緑体という別の場所にあるため、通常は反応を起こさないが、細胞が壊れたときには反応を起こしてクロロフィリドを生成する。

 また、クロロフィリドを虫のエサに混ぜると幼虫の成長が抑えられ、死亡率も高くなること、そしてクロロフィラーゼを多く含む植物を食べたハスモンヨトウの幼虫の死亡率が高まることが分かった。

 今後は、本研究成果が植物の防御反応の全容解明や多様性解明に繋がると期待されている。

 なお、この内容は「Plant Physiology」に掲載された。

瀬部倫一郎

« 生きる力を本気で教えることが教育教育に求められていること。 | トップページ | 自然に学べ ~周りのあらゆるモノが追求対象~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植物は葉緑素によって虫から身を守っている…北大が発見:

« 生きる力を本気で教えることが教育教育に求められていること。 | トップページ | 自然に学べ ~周りのあらゆるモノが追求対象~ »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ