« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

隕石の衝突により生物が誕生した?

無機物から有機物が生まれる理論が発表された。
生物が発生した起源の解明に一役を担う発表になるのではないだろうか。

以下リンク
ハザードラボより

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
DNA 隕石衝突が起源か?東北大が超高速衝突実験で再現

生命誕生前の地球に隕石が衝突する過程を再現する模擬実験で、水や鉄などの無機物から、DNAのもととなる「核酸塩基」と9種類のアミノ酸ができることを、東北大学と広島大学の合同チームが突き止め、18日に発表した。

 「核酸塩基」とは、遺伝情報の蓄積や保存を行うDNAと、これらの情報を処理するRNAの中で遺伝情報を記録する“文字”としての役割を担うアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)、ウラシル(U)の5種類の有機分子。

 従来の研究では、無機物しか存在しない太古の地球では、核酸塩基が生成することは困難とされ、生命誕生の大いなる謎だった。

 東北大の古川善博助教らの合同チームは、水や鉄、アンモニアなどの無機物を金属製のカプセルに詰めたものに、秒速1キロの超高速で弾丸を衝突させて反応を見た。カプセルには、大気の主成分である二酸化炭素が海に溶けた際に生じる「重炭素」を加え、太古の地球の海に隕石が衝突した条件を再現。

 その結果、核酸塩基のシトシンとウラシルに加え、タンパク質を構成するアミノ酸9種類が同時に生成された。

 研究チームは「隕石の衝突でできた核酸塩基が、地球上で最初の遺伝物質として使われた可能性がある」として、研究成果が生命誕生の謎を解明する手がかりになると期待を寄せている。

 なおこの論文は、欧州科学誌「Earth and Planetary Science Letters」電子版に掲載された。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


匿名希望

2016年8月26日 (金)

動物なのに光合成して生きてゆける不思議な生き物が存在している

 「エリシア・クロロティカ」というウミウシの一種は藻を食べることにより葉緑素を取り込み、光合成の能力を獲得するそうです。そして驚くべきは、その後は光合成で得られた糖のみで生きていくことが可能だということ。どのような仕組みでこのようなことが可能になるのか、実に興味深い生き物です。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■動物なのに光合成して生きてゆける不思議な生き物が存在している(リンク

Dark Roasted Blend Impossible Plant-Animal Hybrid(リンク
Solar-powered sea slug harnesses stolen plant genes New Scientist(リンク

この生物の名前はエリシア・クロロティカ(Elysia chlorotica)。アメリカ東海岸の浅い海に広く分布するウミウシの一種。全長2cmから最大で6cm程度、緑色の体色と葉っぱのような薄く平べったい外見が特徴です。

エリシア・クロロティカは生まれつき葉緑体を持っているわけではありません。成長の過程の中でヴァウチェリア・リトレア(Vaucheria litorea)という名前の藻を食べることにより光合成という「技能」を獲得します。

まず幼生のエリシア・クロロティカはヴァウチェリア・リトレアを探し求め、発見するとこの藻に吸い付きます。そして、細胞の中身を吸い出してしまうのです。この時、葉緑体だけは消化せずに消化管の中に保持し、これを使って残りの一生の間ずっと光合成を行い続けて生きてゆきます。観測された中では、9ヶ月から10ヶ月にも渡って光合成で作られた糖のみを養分として生き続けています。

葉緑体吸収の様子は以下の動画から。
リンク

メイン大学のメアリー・ランポ氏はエリシア・クロロティカ研究の第一人者で、これらの事実を明らかにしてきました。ランポ氏によると、現在最大の謎として残されているのは、なぜ動物の体内で葉緑体がずっと働き続けられるのかということです。

葉緑体は独自の遺伝子を持っていますが、その遺伝子によって作られるのは葉緑体の活動を維持するのに必要なタンパク質の10%に過ぎません。他の90%は藻の細胞核で作られるタンパク質によって賄われていました。いったいどのようにしてエリシア・クロロティカの中で葉緑体は一生の間働き続けられるのでしょうか?

最新の実験で、ランポ氏のチームはエリシア・クロロティカの餌となるヴァウチェリア・リトレアの遺伝子配列を調べました。それによって、やはり藻の細胞抜きに葉緑体単体では活動を続けられないことを確認。

一方、エリシア・クロロティカの遺伝子を調べたところ、その中から極めて重要なヴァウチェリア・リトレアの遺伝子を発見したのです。その遺伝子配列は藻の配列と完全に一致しました。

ランポ氏は「どうやったのか分からないから仮説としてしか言えないけれど」としつつ、このウミウシは食べ物の遺伝子を盗んで自分のものにしてしまったのではないかと考えています。

一つの可能性としては、食べられた藻の遺伝子が消化管の中で葉緑体と共に吸収され、エリシア・クロロティカ自身の遺伝子に組み込まれ、それによって必要なタンパク質が葉緑体に供給されるようになったのではないかと考えられます。

別の仮説としては、エリシア・クロロティカの体内から発見されたウィルスが遺伝子を藻の細胞からエリシア・クロロティカの細胞に運ぶのではないかとのこと。ただ、どちらにせよランポ氏のチームはまだこの件に関して確たる証拠は掴んでいません。

また、驚くべきことに、この藻の遺伝子はエリシア・クロロティカの生殖細胞からも発見されました。つまり、体内で葉緑体の活動を維持させる能力を次世代にも伝えていけるということです。

まだ不明な点も残されているにせよ、このウミウシが光合成をして生きているのは事実。他の動物でも同じようなことができるのかは非常に気になるところ。ひなたぼっこをしているだけでお腹がいっぱいになるというのはなんとも夢のある話です。

もちろん野菜を食べても光合成はできるわけではなく、細胞内に葉緑体を取り込むことと、取り込んだ葉緑体を維持し続ける遺伝子を自ら持っていることが必要となるため、簡単な話ではありません。今後の研究に期待です。

瀬部倫一郎
 

2016年8月23日 (火)

光合成を行う「動物」が存在した。食べ物から「葉緑体」を吸収し、共生しながらエネルギー生成するという驚異のメカニズム

エリシア・クロロティカと呼ばれるウミウシは、生まれつき葉緑体を持っているわけではないが、成長の過程の中で藻を食べることにより光合成できる能力を獲得し、体内葉緑体で自らのエネルギーをつくることができるそうです。

さらにこのウミウシは食べ物の遺伝子を自分のDNAに組み込んでしまったという驚異の進化をとげています。

調査によると、取り込まれた葉緑体が単体で生き延びることはできず、なにかしらの「共生」が成立するためのメカニズムがあり、組み込まれた遺伝子がそのメカニズムに関係あるのではないか、と推測されています。

リンク
========================
先日、太陽光のみで生きようとして餓死した女性に関して報じましたが、この地上には実際に光合成を行なって生きてゆける動物が存在しています。いったい、どんな生き物なのでしょうか?

この生物の名前はエリシア・クロロティカ(Elysia chlorotica)。アメリカ東海岸の浅い海に広く分布するウミウシの一種。全長2cmから最大で6cm程度、緑色の体色と葉っぱのような薄く平べったい外見が特徴です。

エリシア・クロロティカ
リンク

エリシア・クロロティカは生まれつき葉緑体を持っているわけではありません。成長の過程の中でヴァウチェリア・リトレア(Vaucheria litorea)という名前の藻を食べることにより光合成という「技能」を獲得します。

まず幼生のエリシア・クロロティカはヴァウチェリア・リトレアを探し求め、発見するとこの藻に吸い付きます。そして、細胞の中身を吸い出してしまうのです。この時、葉緑体だけは消化せずに消化管の中に保持し、これを使って残りの一生の間ずっと光合成を行い続けて生きてゆきます。観測された中では、9ヶ月から10ヶ月にも渡って光合成で作られた糖のみを養分として生き続けています。

メイン大学のメアリー・ランポ氏はエリシア・クロロティカ研究の第一人者で、これらの事実を明らかにしてきました。ランポ氏によると、現在最大の謎として残されているのは、なぜ動物の体内で葉緑体がずっと働き続けられるのかということです。

葉緑体は独自の遺伝子を持っていますが、その遺伝子によって作られるのは葉緑体の活動を維持するのに必要なタンパク質の10%に過ぎません。他の90%は藻の細胞核で作られるタンパク質によって賄われていました。いったいどのようにしてエリシア・クロロティカの中で葉緑体は一生の間働き続けられるのでしょうか?

最新の実験で、ランポ氏のチームはエリシア・クロロティカの餌となるヴァウチェリア・リトレアの遺伝子配列を調べました。それによって、やはり藻の細胞抜きに葉緑体単体では活動を続けられないことを確認。

一方、エリシア・クロロティカの遺伝子を調べたところ、その中から極めて重要なヴァウチェリア・リトレアの遺伝子を発見したのです。その遺伝子配列は藻の配列と完全に一致しました。

ランポ氏は「どうやったのか分からないから仮説としてしか言えないけれど」としつつ、このウミウシは食べ物の遺伝子を盗んで自分のものにしてしまったのではないかと考えています。

一つの可能性としては、食べられた藻の遺伝子が消化管の中で葉緑体と共に吸収され、エリシア・クロロティカ自身の遺伝子に組み込まれ、それによって必要なタンパク質が葉緑体に供給されるようになったのではないかと考えられます。

別の仮説としては、エリシア・クロロティカの体内から発見されたウィルスが遺伝子を藻の細胞からエリシア・クロロティカの細胞に運ぶのではないかとのこと。ただ、どちらにせよランポ氏のチームはまだこの件に関して確たる証拠は掴んでいません。

また、驚くべきことに、この藻の遺伝子はエリシア・クロロティカの生殖細胞からも発見されました。つまり、体内で葉緑体の活動を維持させる能力を次世代にも伝えていけるということです。

まだ不明な点も残されているにせよ、このウミウシが光合成をして生きているのは事実。他の動物でも同じようなことができるのかは非常に気になるところ。ひなたぼっこをしているだけでお腹がいっぱいになるというのはなんとも夢のある話です。

もちろん野菜を食べても光合成はできるわけではなく、細胞内に葉緑体を取り込むことと、取り込んだ葉緑体を維持し続ける遺伝子を自ら持っていることが必要となるため、簡単な話ではありません。今後の研究に期待です。
==================
引用終わり

松本翔
 

2016年8月20日 (土)

“母の愛”が生まれたワケが奥深い~哺乳類の体内保育の起源~

[Woman excite ママ]のサイトより、『“母の愛”が生まれたワケが奥深い… NHKスペシャル『生命大躍進』が神秘的!(1/2)(リンク)(2/2)(リンク)』より御紹介します。
体内保育の始まりについての新しい説を御紹介します。
-------------------------------------転載
たまに弱音を吐きたくなることもあるけれど、愛しいわが子のためなら何でもできちゃう、子育てって不思議です。とくに人間の母親は、あらゆる生物の中で、これほど献身的な子育てをする生物はいないといわれているそうですよ! 強くて深い「母の愛情」って、一体どこから湧いてくるものなのでしょうか。

6月7日(日)夜9時に放送される、NHKスペシャル「生命大躍進」の第2集によると、その謎を解くヒントは、2億年以上前に私たちの祖先に起きた、「母乳」と「胎盤」の思いがけない進化にあるといいます。

■母乳による子育てが、母親の愛情の始まり
番組内で紹介されているのは、生きた化石とも呼ばれる原始的な哺乳類「ハリモグラ」。

驚くことに、哺乳類にも関わらず卵を産み、汗のように湧き出す不思議な母乳で子育てをします。しかもこの母乳、赤ちゃんの栄養になる以前に、卵を雑菌の繁殖から防ぐ殺菌液の役割も果たしていると考えられるのだそう。

そこから科学者たちが導き出したのが、「母乳はもともと、殺菌物質を含む汗のような液体だった」という大胆な新説! およそ3億年も昔に、私たちの祖先の体内で異変が起こり、卵を守る汗が母乳に変わってしまったというのです。

母乳の起源が汗とは衝撃的。そして、母乳の役割がそもそも「子を守るもの」であったということに、深い愛情を感じます。

ハリモグラの授乳シーンでは母子が触れ合うきっかけとなっている母乳の素晴らしさが改めて感じられます。ちょっと意外な授乳方法ですが、ママとしては感慨深くもあるシーンではないでしょうか。

■子を身ごもる期間が、母親が我が子への愛情を育む期間
そして、もうひとつ“母の愛”を一段と深めることになったのが、「胎盤の誕生」。この胎盤ですが、じつはこれも進化の中で突然生まれたものなのだそう。

いまから2億5000万年前に起きた天変地異。それにより、地球上の生物の96%が絶滅するという大事件が起こりました。そこを生き延びた末に現れた私たち哺乳類の祖先が、「ジュラマイア」。ネズミほどの小さな体に、胎盤を備えるようになったのだとか。

恐竜の時代には、敵に襲われた時に卵を置き去りにせざるを得ないこともあったはず。それがあるとき、思わぬことがきっかけで、胎盤をつくる新しい遺伝子を手に入れ、やがて体のつくりが劇的に変化。母親の免疫が抑えられ、体内にいるわが子を異物と認識して攻撃せず、身ごもることができるようになったそうです。そんな不思議な遺伝子を祖先はどうやって獲得したのか、その驚くべき理由が番組で明かされます。

自分以外の「別の生物」を体内にとどめ、育てていくことができるという、母子の奇跡ともいえるこの現象は、想像を絶する天変地異や絶滅の危機に襲われた末に私たちの祖先にもたらされた、大切な宝物だったというから驚きです。そのおかげで、大変ではありながら、深い愛情に満ちた私たち人間ならではの子育てが生み出されていくことになるのです。
----------------------------------終了



彗星  

2016年8月17日 (水)

環境の大変動こそが生物を大きく進化させ、やがては知的生命を生む起爆剤になった

あなたはビル・ゲイツの試験に受かるか?(梶谷通稔)
その4:磁化が解き明かす地球の歴史  
リンク
より転載です。
-----------------------------------------------------------
■古代生物の種、謎の大爆発

 16億年もの長い間続いた単細胞生命体時代が終ったあとの今から21億年ほど前、なぜ突然、高度複雑な真核細胞が生まれてきたのか、さらにその真核細胞時代がやはり16億年間も続いたあとの今から5億年ほど前(カンブリア紀)に、なぜ突然、生命体が大型化し、さらにそれまで30種ほどだった生命体の種類が一気に13,000種類と爆発的に増えたのか、長い間どうしてもその理由がわかりませんでした。

 この謎の解明に糸口を与えてくれたのが、この岩石内の磁化データでした。
 迷子石というのがあります。周りの風景になじまない、ただ1つポツンと取り残された石や岩です。その成分も周りの岩石などとはまったく異なっており、地質分析などの結果から、これらは氷河に削り取られたもので、その氷河の上に乗って下方に運ばれたのち、氷河が溶けて取り残されたものとわかりました。このことから迷子石の存在は、大昔そこに氷河があったことの裏づけになります。

 南アフリカでたくさん見つかった堆積岩の迷子石。その中には枕状溶岩が収まっていました。枕状溶岩とは、海の中で噴出、流れ出した溶岩が、急速に冷えるため枕状に固まるものです。ここで発見された迷子石は、その上に土砂などが降り積もってできあがった堆積岩で、その後地上へと隆起したそこの地層を氷河が削り取って迷子石にしたものです。

 前述したように、溶岩は出来た当時の磁力線方向を永久保存していますから、その枕状溶岩の磁化状態を詳しく調べてみたのです。すると、どの迷子石でも11度近辺という低い緯度、つまり赤道近くでできたものであることがわかったのです。つまり赤道近くに氷河があったということ、これは地球全体が氷で覆われていた全地球凍結の証なのだそうです。

 赤道近くまで広がる氷の大地でどんどん太陽熱が反射され、また氷で覆われた始めた海からは水の蒸発もなくなり、カラカラの地球上で氷化が加速していった結果、最新の研究によれば、すべての陸上は数千mの厚さの氷床が覆い、海も厚さ千mもの氷に閉ざされたとのことです。

 では、なぜ溶岩の磁化状態でそこの緯度がわかるかといえば、前述したように磁針が北極や南極に近いほど垂直になり、赤道に近いほど水平になるからです。普通、土砂は水平に積もっていくので、堆積岩の地層の傾きは当時の水平と考えられます。そして海底で流れ出し水平にできあがる枕状溶岩。この溶岩に残された磁化方向とそれを包んでいる地層との傾きの度合いを調べれば緯度がわかるというわけです。

 この枕状溶岩や堆積岩のできた年代、つまり全地球凍結の時代は24~22億年前と8~6億年前と判明しました。突如、真核細胞が生まれた21億年前、および突如生命体の大型化・種の大爆発が起こった5億年前の寸前に、これら全地球凍結が起こったというタイミングの一致から、調査研究が進められた結果、全地球凍結のあとで膨大な酸素が作り出された証拠が鉄鉱山やマンガン鉱で見つかりました。この膨大な酸素の供給により、新陳代謝の活発化と大型化の元であるコラーゲンが作られ、生命体の大進化へとつながっていったことがわかってきたのです。

 なぜ、全地球凍結が起こったのか、また何が凍結を終わらせたのか、過去の灼熱球と全地球凍結という2種類の過酷な地球環境の中を、どのようにして生命体は生き残っていったのか、その詳しい内容に興味ある方は、気象学上、生物学上、地質学上、すべてに一貫してつじつまの合う説明のつくようになった最近の研究を、分かり易くまとめたNHK出版の「地球・大進化」シリーズをご覧いただければおわかりいただけると思います。 

 もし地球が母の胎内のように穏やかで安定した星だったなら、生物は進化せず、高等動物も生まれなかった。環境の大変動こそが生物を大きく進化させ、やがては知的生命を生む起爆剤になったことがわかってきたのです。
 全地球凍結の確たる論文が「サイエンス誌」に発表されたのは1999年と、ごく最近のことで、その後、それを裏付ける証拠が世界中で次々と出てきています。そして、宇宙のどこかにいるかもしれない知的生命からの電波を捕えようと、これまで環境の安定した星団方向をターゲットにしていたアレシボ巨大電波望遠鏡の探査基本方針は、それ以来、「大変動の要素をはらんだ星にこそ知的生命は生まれる」として大きく変えられました。
----------------------------------------------------------

孫市

2016年8月14日 (日)

食品の「乳化剤」が腸炎とメタボ招く~ここでも腸内細菌の影響を確認

食品に添加された乳化剤は、マウスの腸内細菌叢に影響して腸炎やメタボリックシンドロームを促進する、という論文の解説記事を紹介します。

乳化剤は腸の内側を守っている粘液層を破壊しますが、その乳化剤の効果は直接的に粘液を壊しているのではなく、腸内細菌に働きかけた結果として間接的に起こっているようです。

ここでも腸内細菌が深く関わってます。腸内細菌も体の一部、つまり「多くの多細胞生物は微生物との共生によって生きている“微生物共同体”(306136)」だということを再認識します。

以下、「ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が腸炎とメタボ招く、ここでも腸内細菌の影響を確認」リンク からの転載です。
 ==========================================================
■「乳化剤」とは

 「食品に添加された乳化剤はマウスの腸内細菌叢に影響して腸炎やメタボリックシンドロームを促進する(Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome.)」というタイトルの論文だ。ネイチャー誌オンライン版に掲載された。

 タイトルにある通り、今回問題になったのは「乳化剤」だ。アイスクリームや多くの食品に乳化剤として添加されているものだ。乳化剤は材料をお互いに混ざりやすくする役割がある。具体的な成分の名前で言うと、「カルボキシメチルセルロース(CMC)」と「ポリソルベート80(PS80)」。

 このうちPS80は一時発がん性が問題になったが、FDAが1%までなら許容できると認可している。CMCに至っては安全性自体を問題にする必要がないとされてきた。

 このグループは、乳化剤が細胞ではなく、腸の内側を守っている粘液層を破壊する可能性について調べた。

■粘液の層の破壊で変化が

 すると予想通り、食品添加に許されている程度のCMC、PS80を飲ませたマウスでは、普通なら30μm(μは100万分の1)程度、粘液によって離れた場所に隔離されている腸内細菌が10μm近くに多く存在し、粘液の中に多く住めるようになっている。すなわち、粘液によって腸を保護していた作用が破壊されている。

 腸炎を起こしやすい遺伝子の変化を持つネズミでは腸炎を早く起こすようになった。腸の長さは2割も短くなる。

 さらに、いわゆる「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になる。正常と比べると体重は増え、過食傾向が出る。大変なことだ。

■腸内細菌がいてはじめて影響

 最後に、この効果について、乳化剤が直接粘液に作用して破壊するのか調べている。

 腸内細菌が全くいないネズミに乳化剤を飲ませて調べたところ、粘液が全く破壊されていなかった。乳化剤の効果というのは直接的に粘液を壊しているのではなく、腸内細菌に働きかけた結果として間接的に起こっていると明らかにしているのである。

 腸内細菌の存在しないネズミでも腸の中に新たに腸内細菌叢を移植した途端、粘液の層が破壊されてくる。さらに、乳化剤だけを食べるといった方法ではなく、人間の食生活に合わせて乳化剤を普通の食品から取るような形にしても問題は起こっていた。

 最後にディスカッションで、「20世紀の中盤からクローン病や潰瘍性大腸炎といった腸炎やメタボリックシンドロームが増えた一つの要因は、乳化剤を食品に添加するようになったからではないか」と結論している。

 これは大変な警告だ。

■どちらが最終勝者

 たばこと同じで、因果関係を人間で証明していくのは時間がかかる。ただ、その気になれば、人で本当に問題が起こるかを調べることは可能ではないかと思う。人工甘味料や、今回の乳化剤の危険性を警告する研究は、「自分の体は一つのゲノムを共有する自らの細胞だけからできている」という思い込みに対する警告でもある。腸内細菌叢も体の一部だということが明らかになってきた。

 今、私たちは謙虚かつ真剣にこの警告を受け止めることが必要だ。

 警告を掲載したネイチャー誌は「社会派」とも見えたのだが、こうした印象を持った私自身が間違っているのだろう。警告するのが正常と考えるようになっている。

 今、20世紀の遺産にしがみつこうとする勢力と、21世紀を見始めた勢力の戦いが始まっているように思う。ただ、どちらが最終勝者になるかは明らかだ。勝者に賭ける方が得すること間違いない。

 ======================================================以上

2016年8月11日 (木)

海底の熱水噴出口には光合成の材料が揃っていた!?

海底の熱水噴出口は、太陽光が届かず光合成とは縁がない世界と考えられていたが、光の存在がその生育に必須な緑色硫黄細菌型の光合成細菌が確認された。
また、光環境としては、遠赤外線領域(750 -1,050 nm)の光や、微弱ではあるが、可視光線領域の光(650 -750 nm)も検出されている。

これらを考慮すると、硫化水素と有機酸を用いた光合成(酸素非発生型)は、海底の熱水噴出口付近から始まった可能性は十分に考えられるのでないだろうか。

○熱水生物群集の成り立ちリンク
<光合成の森>より
////////↓↓引用開始↓↓////////
熱水噴出口と光

熱水噴出口の周辺の生物は、代謝以外についても通常の生物とは異なった特徴が見られる。例えば、大西洋の熱水噴出口の周りでよく見られるエビの一種Rimicaris exoculataは、外形的には目を持たないが、ロドプシンとよく似た吸収スペクトルを示す色素を含んだ器官を持っている[25]。ロドプシンの吸収は通常500 nm付近に極大を持つが、遠赤領域にもある程度の吸収を持つので、人間の目には見えない熱水噴出口からの赤外線(350℃の黒体放射として近似できる)を感知することによって、熱水噴出口に生息する細菌を摂食するには充分な距離まで近づき、かつ近づきすぎて熱水によってゆでられてしまうことを避けていると予想されている[22]。

熱水噴出口の赤外放射に関連して、光合成生物が熱水噴出口で初期の進化を遂げたとの提案がなされた[21]。これは、細菌についても、熱水噴出口からの赤外線を感知して移動することにより、熱水噴出口から適度な距離を取っているとの予想による。水自体の吸収により、熱源から放射される赤外線は、800 - 950 nmと1,000 - 1,050 nmの2箇所にピークを持つが、これは、生体内におけるバクテリオクロロフィルaとbの吸収極大にそれぞれ近い。熱水噴出口の赤外線のエネルギーは光合成を駆動するには充分ではないが[3]、熱水噴出口の赤外線に対する走光性がいわば光合成への進化への下準備となっていたと考えられなくはない。最初に走光性の光センサーとしてバクテリオクロロフィルが用いられ、これが光合成に転用されたと考えることができる。

その後、1998年になって、実際に太平洋の熱水噴出口から光合成細菌と思われる細菌が単離された[27]。この細菌は、光合成的な生育は観察できなかったが、細胞に集光性複合体と反応中心複合体に結合したバクテリオクロロフィルaと思われる色素を持っていた。この細菌は、16SリボソーマルDNAの配列解析から、αプロテオバクテリアの一種と思われ、Citromicrobium bathyomarinumと名付けられた[28]。さらに、2005年には、光の存在がその生育に必須な緑色硫黄細菌型の光合成細菌が熱水噴出口から単離された [2]。熱水噴出口の生態系の生物生産における光合成の寄与の割合は低いと推定されるが、従来、光合成とは無関係の暗黒の世界であると考えられてきた熱水噴出口のイメージは変更が迫られている。

熱水噴出口の光環境については実測された例があり、実際に遠赤領域(750 - 1,050 nm)の光が検出されている[26]。しかし、650 - 750 nmの領域の光も弱いながら検出されており、遠赤領域の光に関しても熱水噴出口の温度の黒体放射から予想される光量子密度よりずっと高い。このことは、熱水噴出口からの発光に、黒体放射以外のメカニズムも関与していることを示しているが、その具体的なメカニズムについては不明のままである。
////////↑↑引用終了↑↑////////
※[ ]内は参考文献(引用元サイト参照)

稲依小石丸

2016年8月 8日 (月)

多くの多細胞生物は微生物との共生によって生きている“微生物共同体”

人間の栄養摂取は、自身の消化器官の働きだけではなく、体内の微生物(腸内細菌)が、吸収しやすいものに分解したり、必要な栄養素に変換したりしてくれることで成立していることがわかってきました。

昆虫のハムシも、餌とする植物が持つ防衛能力を腸内細菌の力によって抑制し、摂食していることが確認されています。

○ハムシは微生物の力を借りて植物の防衛能力に対抗しているリンク
<Science Newsline>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
コロラドハムシ(Colorado potato beetles)は植物の葉を食する際に、体内に有している共生細菌を使うことにより植物に対して、食べているのは昆虫ではなく、微生物だと誤認識させることで植物の持っている昆虫に対する免疫能力を無効化していることが、Penn Stateの研究チームの研究成果により明らかとなった。この共生関係により、昆虫とその体内に生きている細菌の両方が健康に、そしてより良く生きることができるのである。

「過去数十年間、私の研究室では植物が持っている誘導防衛機能に焦点を合わせて研究を続けてきた」とprofessor Gary W. Feltonは言う。「私たちは、ハムシの経口分泌が植物の防衛能力を抑制する機能を持っているのではないかと考えてきたが、誰もこのことについて真剣に研究を行ったことはなかったのです。」

昆虫学科の院生のSeung Ho Chungは、Feltonと共に、植物はどのようにして葉を食す昆虫を認識し、そして昆虫の方はどのようにして植物の持っている防衛能力を無効化しているのかを調べることにした。

「私たちは、何が植物の持っている昆虫に対する防衛反応を無効化しているのか、そのメカニズムを特定しようとしたのです。しかし、昆虫が体内に抱えている微生物について知識が及ぶまで、何が植物の防衛反応を無効化しているのかはわからなかったのです」とFeltonは述べる。

Feltonによるとハムシは唾液腺をもっていないため、葉を消化するためにまず、葉の上に口腔分泌物を出す作業を行う。そしてこの分泌物の中に腸内細菌が含まれていたのである。
////////↑↑転載終了↑↑////////
【参考】上記実験の詳細内容紹介
○論文)植食性昆虫の共生者による植物防御応答の制御
リンク
<Laboratory ARA MASA のLab Note>

これまでは、“宿主”たる多細胞生物が存在の主体としてみられ、共生微生物は“寄生存在”として認識されることも多かったのですが、“宿主”の生存に不可欠な役割を果たしているものも少なくありません。むしろ微生物が共同体を形成していて、その恩恵を受けているのが“宿主”なのかもしれません。

微生物との共生関係・協力関係を最重要の適応戦略と捉えて、解明していくことは、外圧への適応力を高めていく可能性であると思います。

稲依小石丸

2016年8月 5日 (金)

地球に生命の種を蒔いたのは彗星か。その奇妙な外観は、地球外微生物の存在で説明できるとの新説

生物化石の分類で、いまだに単細胞生物か多細胞生物か?や動物なのか植物なのか?の決着がついていないのが、単細胞の繋がったようにも見える21.00億年前グリパニア化石、5.65億年前の、くらげの様に見えるエディアカラ生物群(動物か植物か、単細胞か多細胞か決着がついていない)現在でも原生動物(粘菌・ミドリムシなど)と呼ばれる真核単細胞生物などだ。

この原因は、化石では良くわからないなどの理由にあるのではなく、現在の分類方式が、初期生物学の目に見える形態の分類をそのまま当てはめようとするからであり、どのように適応してきたか?という視点が抜けているからである。

例えば原生生物の分類は、顕微鏡の無かった時代に、生物を動物界(動いて餌を採るもの)と植物界(動物ではないもの)に2分する二界説が出来、その後の顕微鏡の発見で、二界説では分類できない微生物が発見され、三界説、五界説へと改定されてきた。

二界説が適用できなかった微生物には、光合成能力がありながらも鞭毛で運動をするミドリムシ、胞子を作る菌類のようだが、栄養体はアメーバ運動をして餌を食べる動物のような変形菌(粘菌)、固い殻を持ち、光合成をしながら移動能力がある珪藻などがある。

これらの真核単細胞生物群を、新たな原生生物という分類でくくったが、これは系統的にまとまっていると見なしたものではなく、ただの寄せ集めである。最近の、RNA分析+形態の八界分類では、原生生物を主に細胞構成要素から3分したが、これではどのように適応してきたかはわからない。

しかし、分類を無視して原生生物を見ていくと、単細胞と多細胞の進化途中にあり、多細胞が完成する前の試行錯誤の時代の生物と考えられる。そうすると、原生生物の適応戦略を鮮明にし、単細胞生物と多細胞生物の戦略と連続した適応システムを考えることで、生物の本質が鮮明に理解できる可能性がある。

それは、
①酸素利用のためのミトコンドリア取り込みの効果が単細胞と多細胞でどのように異なるのか?

②単細胞も群生しているが、それが緩やかにくっついた状態の細胞分化と本格的な多細胞生物の細胞分化の中身はどう異なるのか?

③多細胞生物への進化の基底的要因である体細胞と生殖細胞の分化の程度を統合度のひとつの切り口にすること。

これらから、細胞個体と細胞集団の統合度という分類で、生物の進化を再統合できないのか?

が考えられる。

2016年8月 2日 (火)

単細胞生物と多細胞生物という分類の不整合点

生物化石の分類で、いまだに単細胞生物か多細胞生物か?や動物なのか植物なのか?の決着がついていないのが、単細胞の繋がったようにも見える21.00億年前グリパニア化石、5.65億年前の、くらげの様に見えるエディアカラ生物群(動物か植物か、単細胞か多細胞か決着がついていない)現在でも原生動物(粘菌・ミドリムシなど)と呼ばれる真核単細胞生物などだ。

この原因は、化石では良くわからないなどの理由にあるのではなく、現在の分類方式が、初期生物学の目に見える形態の分類をそのまま当てはめようとするからであり、どのように適応してきたか?という視点が抜けているからである。

例えば原生生物の分類は、顕微鏡の無かった時代に、生物を動物界(動いて餌を採るもの)と植物界(動物ではないもの)に2分する二界説が出来、その後の顕微鏡の発見で、二界説では分類できない微生物が発見され、三界説、五界説へと改定されてきた。

二界説が適用できなかった微生物には、光合成能力がありながらも鞭毛で運動をするミドリムシ、胞子を作る菌類のようだが、栄養体はアメーバ運動をして餌を食べる動物のような変形菌(粘菌)、固い殻を持ち、光合成をしながら移動能力がある珪藻などがある。

これらの真核単細胞生物群を、新たな原生生物という分類でくくったが、これは系統的にまとまっていると見なしたものではなく、ただの寄せ集めである。最近の、RNA分析+形態の八界分類では、原生生物を主に細胞構成要素から3分したが、これではどのように適応してきたかはわからない。

しかし、分類を無視して原生生物を見ていくと、単細胞と多細胞の進化途中にあり、多細胞が完成する前の試行錯誤の時代の生物と考えられる。そうすると、原生生物の適応戦略を鮮明にし、単細胞生物と多細胞生物の戦略と連続した適応システムを考えることで、生物の本質が鮮明に理解できる可能性がある。

それは、
①酸素利用のためのミトコンドリア取り込みの効果が単細胞と多細胞でどのように異なるのか?

②単細胞も群生しているが、それが緩やかにくっついた状態の細胞分化と本格的な多細胞生物の細胞分化の中身はどう異なるのか?

③多細胞生物への進化の基底的要因である体細胞と生殖細胞の分化の程度を統合度のひとつの切り口にすること。

これらから、細胞個体と細胞集団の統合度という分類で、生物の進化を再統合できないのか?

が考えられる。


本田真吾

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ