« 昆虫社会の進化 | トップページ | ソマチットってなに? »

2017年5月23日 (火)

短期間で繁殖戦略を転換(有性→無性)するサメ

サメの一種において有性生殖を行っていたメスの個体が、オスと隔離された数年後に無性生殖で産卵したことが確認されました。
生物において無性生殖自体は特殊ではありませんが、短期間で一個体が有性生殖から無性生殖へ戦略転換することが確認されるケースは稀少です。
サメは古くから体の構造もふるまいもほとんど変えてこなかったと言われており、現存するサメも約1億年前と大きく変わらないようです。
おそらくサメは、繁殖戦略を無性生殖から有性生殖に転換した初期段階の生物で、外圧状況によっては、無性生殖へと戻ることが可能であるのだと思われます。
一方でその後の進化、多様化で現れた生物の多くが有性生殖に可能性収束したことから、同類他者(遺伝子の多様性)を残すことが、適応戦力上は極めて重要であったことを示していると言えます。
◇オスから引き離されたサメが単独で産卵、有性生殖から無性生殖へと素早く繁殖戦略を変更した事例が観察されるリンク
<GIGAZINE>より
////////↓↓引用開始↓↓////////
かつてオスとつがいになり産卵したことのあるメスのサメが、オスと隔離された数年後に単独で卵を産むことに成功したことが確認されました。サメは子孫を残すために短い時間で有性生殖から無性生殖へと繁殖戦略を切り替えた可能性が考えられます。
Switch from sexual to parthenogenetic reproduction in a zebra shark : Scientific Reports リンク
Female shark learns to reproduce without males after years alone | New Scientist リンク
クイーンズランド大学のクリスティン・ダジェオン氏とその研究チームは、オスと引き離されて数年経った後に、メスが単独で産卵するというこれまでにあまり例のない現象を観察しました。
このサメは「レオニー」と名付けられたトラフザメのメスで、オーストラリアのリーフ水族館で飼育されている個体です。レオニーは1999年にオスのパートナーとつがいにされ、数度の産卵を経て合計24匹の子どもが孵化していました。その後、2012年にパートナーが別の水槽に移されたことで、オスのいない環境で過ごしていましたが、2016年に単独での産卵に成功しました。
オスと交尾することなくメス単体で卵を産む無性生殖の動物自体は珍しくありませんが、有性生殖だった動物が無性生殖に変化することは極めて希です。特に、有性生殖で産卵経験のある個体が、その後、無性生殖に切り替える例は、一部のトビエイとボアで観察されたことがあるだけで、サメとしては初めての観察例となりました。
ダジェオン博士は、数年前につがいだったオスの精子を使って再び受精した可能性を疑いましたが、生まれた稚魚の遺伝子を調べたところ、母のレオニー由来のものしか見つからなかったことでこの可能性は消えたとのこと。レオニーは、単為生殖で子孫を残したことになります。
ダジェオン博士は、有性生殖だったサメが環境の変化から無性生殖へと切り替えることは生存競争上で有意なことだと考えているとのこと。本来、有性生殖で子孫を残す生き物が無性生殖を行うことは、極端に言えば近親交配にあたり遺伝的には不利になると考えられます。しかし、オスに出会わず交配できない場合に、一時的に無性生殖によって自らの遺伝子だけを持つ子孫を残して次世代に遺伝子を託すことは、短期的な生存戦略としては極めて優れているとダジェオン博士は考えています。
////////↑↑引用終了↑↑////////



稲依小石丸

« 昆虫社会の進化 | トップページ | ソマチットってなに? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/70372737

この記事へのトラックバック一覧です: 短期間で繁殖戦略を転換(有性→無性)するサメ:

« 昆虫社会の進化 | トップページ | ソマチットってなに? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ