« 哺乳類の細胞内小器官中に古細菌型の脂質が存在 | トップページ | 脳の記憶能力や認知機能はウイルス由来である可能性 »

2018年2月 6日 (火)

ガンの本質に関する考察~ロスチャイルド家の傘下の医師が告発

 癌に関して、正当な学会ではこの本質論は無視されているようです。 
リンクより引用です。
___________________________________________________________________
ウォーバーグの癌本質論
<高血糖が癌の基礎原因の根拠>
我々の体内に存在する二つの新旧エネルギー産生器官である
解糖系(潜在的癌細胞)とミトコンドリア(潜在的癌細胞抑制に寄与するもの)均衡が崩れ、解糖系(潜在的癌細胞)が勝利した時に、癌が発生する)。
1.癌細胞は、解糖系であり、通常細胞の30倍以上のグルコース(ブドウ糖)を欲しがる。高血糖の宿主は解糖系にとって格好の増殖の環境である。
2.癌細胞は、解糖系であり、低体温(32℃程度)を好む、高血糖は血流を悪くし、体温を下げる。
3.癌細胞は、解糖系であり、酸性の環境を好む、高血糖になると体内が酸性に傾くので発がんする。
4.癌細胞は、解糖系であり、酸素を必要としないので、高血糖になり血流が悪くなり、細胞に酸素不足になることで、発症する。
5.癌細胞は、解糖系であり、高血糖であれば、交感神経が亢進され、体温が下がり、血流不足になり、癌の発生要件を満たすことになる。
6.細胞の中で、解糖系と均衡を保っているミトコンドリアは、高血糖により、酸素不足に陥ると弱体化し、均衡していた解糖系(潜在的癌細胞)が
優位になり発がんする。
7.細胞の中で、解糖系と均衡を保っているミトコンドリアは、高血糖により、体温が下がり、解糖系(潜在的癌細胞)が優位になり、発がんする。
(中略)
■人類とは何者か?
既に、述べたように、我々のエネルギー産生器官は、「解糖系(潜在的癌細胞)」と「ミトコンドリア」の二つがあることを述べた。我々はとどのつまり、この二つのエネルギー産生装置に支えられて生きているのである。
①解糖系とは何か?
「原核生物」の末裔であり、今から20億年前の下等な生物の一種である。
彼らの主食は、「グルコース(ブドウ糖)」のような「糖」である。とにかく「糖」を好んで増殖する。
 
彼らは、酸素のない(嫌気性)環境で、32℃位(低温)で酸性の環境で生まれ、生活していた。糖を取り込んで、乳酸等を産生してエネルギーを生み出したが、ひじょうに効率の悪いエネルギー産生であった。瞬間的なエネルギーはあり、分裂が得意である。
②ミトコンドリアとは、何か?
解糖系より進化した新しい生物で「真核生物」と言う。酸素のある環境下で生まれ、「37.2℃程度の温度」を好み、乳酸やたんぱく質や脂質を取り込み「酸素」と合わせて莫大なエネルギーを産出した。ほとんど、分裂せず持続的なエネルギーを産出した。
ミトコンドリアは独自のDNA(母方からのDNA)を持つことから、解糖系に寄生して、それぞれの短所を補い合い、折り合いをつけ、均衡を保ちながら、現在に至る。
人類は進化の頂点だとか言っている輩がいるが、単純な話、「解糖系(原核生物)」に「ミトコンドリア(真核生物)」が寄生して、それぞれが、お互いの短所を補い合い、長所を生か合いながら、折り合いをつけてやっている生物でしかないのである。別にそんな大それた、頂点でも何でもない。
「糖質(グルーコース)」を主食にするのは、この下等な「解糖系(原核生物)」であり、我々人間をはじめとした哺乳類や鳥類や魚類は皆、呼吸しタンパク質と脂質を主食とする生物であり。これらの中で、唯一、例外で糖質を好んで食べるのが人間だけである。
糖質を食べない野生の哺乳類や鳥類や魚類には癌(解糖系の暴走)の発生は見られない。
(中略)
<結論>
①解糖系が勝利した場合「癌」になるのである。
②高血糖が何より、癌の基礎原因の一番である。
③低体温
④交感神経優位
⑤薬
1.通常は細胞内で「解糖系」と「ミトコンドリア」が均衡しているが、細胞内が、「高血糖」に傾くと、この均衡が崩れ、「解糖系」が優位になる。
2.人体に望ましくない「高血糖」が続くと、我々自身の身体が、「高血糖」を何らかの形で、収める為に、自身の体内に「高血糖」を吸収する細胞を造る防衛反応を起こし、癌細胞が体内に発生する。
3.なぜ、子どもや、若い人の癌の進行が早いのか?放射性物質に敏感なのか?解糖系の特徴を読めば理解できる
4.なぜ、瞬発力と筋肉増強の効果の著しいステロイドをスポーツ選手が欲しがるのか?そして、その後に彼らがなぜ、癌になるのか?すべて、解糖系の記述で謎が解ける。
5.解糖系は、炭水化物やブドウ糖を主食にしていた原始的な細胞であり、
ミトコンドリアはタンパク質や脂質と酸素を主食にして莫大なエネルギー
を獲得した。
6.ようするに、糖質やブドウ糖は、原始生物の主食なのである。我々哺乳類(ミトコンドリア)は、あくまでもタンパク質と脂質を食品の中心にするように遺伝子がプログラムされているのである。
7.だから、癌細胞(解糖系)は先祖がえりの細胞と言われるのである。
我々は、先祖がえりしないように糖質を控える生活が望ましいのである。
8.我々の生活を振り返ってみてほしい、今や癌は3人に一人がかかる国民病と言われ始めた。スーパーの食品売り場、コンビニの食品売り場、キヨスクの店舗・・どこを見ても糖質がメインの食品ばかりである。自動販売機は、ブドウ糖入りのスポーツドリンクから果糖入りの様々なジュースまで、好きな時に好きなだけ、溢れんばかりのブドウ糖を摂取できる世の中なのである。
___________________________________________________________________
(引用おわり)




達磨防人

« 哺乳類の細胞内小器官中に古細菌型の脂質が存在 | トップページ | 脳の記憶能力や認知機能はウイルス由来である可能性 »

コメント

New gay site
http://men.sexblog.pw/?profile_blake
sam tsui gay gay meaning gay friendly hotels gay friendly holidays gay android apps

Chit my modish contract
http://premium.cars.purplesphere.in/?entry-elsa
free porn uk breasts download tanner mayes mobile porn porn filipinio belladonna porn gallery group sex porn galleries

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/72861983

この記事へのトラックバック一覧です: ガンの本質に関する考察~ロスチャイルド家の傘下の医師が告発:

« 哺乳類の細胞内小器官中に古細菌型の脂質が存在 | トップページ | 脳の記憶能力や認知機能はウイルス由来である可能性 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ