« ヒトの精子のしっぽの先端に左巻きのらせん構造を発見 | トップページ | 我々はどうやって聴覚を獲得するのか »

2018年4月 9日 (月)

メビウス運動は 生命を育む

****以下、NEOCHICKS NATURAL SPIRIT for GRACE GENUINE LUXURYより転記
リンク
今から36億年前ごろ、原始の海が誕生し、陸地ができそこに雨が降り 地下と地表の間で水が メビウスに回転し、循環をはじめました。水が 8の字に運動することでマイナスイオンを帯び始め そこから地球最初の生命が誕生したのではないかと唱える 学者がいます。確かに 森羅万象の背後には必ず メビウス運動、らせん運動がありすべての生命は このリズムに共鳴しています。
8の字に回転する力を水に与えると水が活性化し、マイナスイオン化するそうです。だから 昔の農業水路や河川も 蛇行し曲線を描いていました。実は 自然界には直線のものは存在せずこの蛇行(メビウス曲線) こそが生命を活性化し 繁殖させてきたのです。人間(思考)だけが物事を直線的に捉え、水路を直線的に管理しますが、そうすると 逆に水本来の活力が失われてしまいます。世界各地の名水に共通しているのは山岳から湧いてきた 湧き水で川の水が ウネウネと蛇行(メビウス運動)を繰り返すうちに健康に良いとされる水に性質を変えていくのではないでしょうか。
ここでもう一つ繋がってくるのが地球で最も古い生命体で、生命発祥の鍵を握っていると言われるソマチッドです。このソマチッドという微生物を研究していたある女性が顕微鏡で観察していると、ソマチッドの量が珪素含有量に比例しているのでは?と 気がついたそうです。そして水晶から出来たという水溶性珪素とソマチッドの効果が類似しているという結論にたどり着きます。
4つの酸素分子+珪素分子 が連結すると=SiO4 四面体(ピラミッド構造)ができます。
SiO4 四面体の連結度を増していくにつれて連結角も大きくなり、次第にマカバ(星形二重正四面体=平面だと六芒星)を形成します。
星形二重正四面体(六芒星)がさらに連鎖的に繋がっていくとメビウス曲線(螺旋)となり、大きな波形を作り出していきます。
<中略>
このメビウス運動の連鎖は私たちの右脳・左脳、両目、両肺にも見られ内臓や大腸・小腸も 心臓もメビウス回転・渦を描いています。メビウス状に回転し、渦を巻くものは 生命を育みますが
それは自然界のいたるところでも見られます。たとえば太陽系を含む銀河、鳴門の渦潮、台風、植物、木目、つむじ、DNA、指紋、蝸牛、血管など。
ちなみに 日本の厄祓いの儀式 神社の茅の輪くぐりもメビウス(8の字)を描きます。ルンバやベリーダンスも 丹田に近い腰を8の字に動かします(↑腸内環境を改善するのに、かなり良いです)チャクラも 渦を巻いていますが、これは 小さなブラックホールでもありこの重力場が 引き寄せの法則(類は友を呼ぶ)の源です。
*****以上、転記終わり





楊数未知 

« ヒトの精子のしっぽの先端に左巻きのらせん構造を発見 | トップページ | 我々はどうやって聴覚を獲得するのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/73075769

この記事へのトラックバック一覧です: メビウス運動は 生命を育む:

« ヒトの精子のしっぽの先端に左巻きのらせん構造を発見 | トップページ | 我々はどうやって聴覚を獲得するのか »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ