« 光合成ではなく、大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物 | トップページ | 極小生命伝説の真相~ナノバクテリアの正体は炭酸カルシウム(CaCO3)? »

2018年5月 5日 (土)

数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいる。

微生物は、温度や乾燥などの変化に弱く、環境が変わると直ぐに死滅してしまうと考えがちですが、そうでもないらしい。
数十年の乾燥に耐え、雨が降ると爆発的に繁殖を始めるタフな微生物が発見された記事を紹介します。
数十年、乾燥に耐えてタフに生きながらえているのか?
それとも、乾燥時は一旦、生命から物質と化し、水によって生命を再開するのか?
記事では火星での存在が示唆されていますが、そもそも星(物質)と生命がそれぞれ別々の存在なのか?
生命とは何か?を問う現象だと思います。
Forbes
リンク
より引用
火星で生命発見の可能性を示す「超タフな微生物」の存在
地球上で最も過酷な環境で生きる微生物の存在が、火星のような場所でも生物が発見される可能性を示唆している──。南米のアタカマ砂漠は雨が降るのが数十年で一度と言われるほど、乾燥した環境だ。しかも、地中の塩分の含有量が極めて高く、有機物はほとんど存在しない。
そのアタカマ砂漠の環境に適応する微生物の存在を、ワシントン州立大学の惑星専門家であるDirk Schulze-Makuchが率いるチームが確認した。数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいるという。
「信じられないほど過酷な環境を生きぬく生物を発見して、興奮している」とSchulze-Makuchは声明で述べた。「地球の最も乾燥した地域で生きている生物がいるということは、火星でも同じように生きながらえている生物がいる可能性を示している」
機関誌「米国科学アカデミー紀要」に発表された論文によると、研究チームは2015年にアタカマ砂漠に雨が降った際に、偶然そこに居合わせた。その時、地中での生物活動が爆発的に増えたことを確認し、繁殖活動を行っている固有種の微生物を特定するためにゲノム解析を行った。
「アタカマ砂漠の地中で実際に生きている生物を特定できたのは初めてのことだ。今回発見されたような微生物群は、たとえ火星のような環境であっても、数百年から数千年もの間を休眠状態で過ごし、雨が降った際に再び生き返る」とSchulze-Makuchは論文で述べた。
火星でも数十億年前には小さな海や湖があったことが分かっており、生命体が誕生していたとしたら同じような方法で生きのびている可能性もある。
「火星の土の中には氷が存在し、夜間には雪が降ることや高い湿度による現象が発生することが最近の研究で分かった。現在は地表が極めて乾燥しているものの、火星にかつて生物が存在したとしたら、今も地中で生きている可能性がある」とSchulze-Makuchは言う。
Schulze-Makuchたちは、次は南極大陸のドンファン池で生物を探すという。この池はあまりに塩分濃度が高いため、マイナス60度以下になっても凍ることがないという。
 




田村正道

« 光合成ではなく、大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物 | トップページ | 極小生命伝説の真相~ナノバクテリアの正体は炭酸カルシウム(CaCO3)? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/73430196

この記事へのトラックバック一覧です: 数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいる。:

« 光合成ではなく、大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物 | トップページ | 極小生命伝説の真相~ナノバクテリアの正体は炭酸カルシウム(CaCO3)? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ