« 動物の登場、定説より1000万年以上早いかもしれない | トップページ | 数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいる。 »

2018年5月 1日 (火)

光合成ではなく、大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物

低温で栄養素に乏しい南極の土壌に棲む微生物群集が、光合成ではなく微量ガスの酸化からエネルギーを獲得している、ことが最近の研究成果で示された。
>不食で生きられる人というのは、確かに存在するようです。彼らは、食物から栄養を取らなくとも、空間からエネルギーを摂取できる能力を身に着けているようです。(298319 何も食べず、何も飲まない人々)
生物に大気からエネルギーを得る機能が備わっているならば、「不食」も可能かも知れない。
以下、「大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物」リンク より
 ==========================================================
低温で栄養素に乏しい南極の土壌に棲む微生物群集が、光合成ではなく微量ガスの酸化からエネルギーを獲得していることが、先進的なゲノム解析手法によって示唆された。
南極大陸が完全に氷で覆われているわけではないと聞くと、意外に思う人もいるかもしれない。無氷地帯は南極大陸の0.4%に満たないが、この地域の土壌の大部分は、水浸しから超乾燥状態まで、一般的な生物にとって過酷な条件が混在した状態であり、南極半島を別にすれば、この極端な土壌条件により多細胞植物の生育は阻まれている。その結果、南極大陸の寒冷な砂漠地帯では、重要な生態系サービスの多くが細菌によって提供されている。極めて重要なエネルギー捕捉過程の1つに、光によるシアノバクテリアの光合成がある。この過程では、大気中の二酸化炭素ガスがこの微生物の有機分子に固定される。今回、ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア・シドニー)のMukan Jiらは、南極の極限的な(シアノバクテリアが少ない、または全く存在しない)陸上環境では、光合成とは異なるエネルギー捕捉機構が働いている可能性を示し、これまでほとんど知られていなかったこの機構について、Nature 2017年12月21日号400ページに報告した。




 
斎藤幸雄

« 動物の登場、定説より1000万年以上早いかもしれない | トップページ | 数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/73399727

この記事へのトラックバック一覧です: 光合成ではなく、大気の微量成分からエネルギーを得る南極の微生物:

« 動物の登場、定説より1000万年以上早いかもしれない | トップページ | 数十年の間、休眠状態で過ごし、雨が降ると繁殖活動を行う細菌がいる。 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ