« 雌雄分化⇒差異の促進⇒性淘汰の強化は種としての適応可能性を高める軸で貫かれている | トップページ | 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 »

2018年6月24日 (日)

ヒトはミトコンドリアを通して太陽の仕組みを体内に取り込んでいる

引用(リンク)では人工の光による健康への影響を指摘しています。
・・・・・以下引用・・・・・
バイオハックとは、体(そして脳)を充分にコントロールするために「周囲の環境」と「体内」を変える技術のことだ。そして、環境で最も重要な要素の一つは、たぶんあなたがさほど注意を払っていないものだ──「光」である。
研究によれば、光はあなたの体中の細胞に詰まっているミトコンドリアにとって栄養であり、シグナルを送受信する役割を担っている。光はミトコンドリアにいつ何をすべきかを告げ、異なる光の周波数は異なるメッセージを送る。光はただの栄養のようなものではない。100年以上前から僕らは光を医療に使ってきたから、光はむしろ「クスリ」だと言うことができる。
脳と心臓(もしあなたが女性なら卵巣も)に次いで、目は体内で最もミトコンドリアが集中して含まれている部位だ。このため、ミトコンドリアのエネルギー生成を乱すようなことに対し、目はきわめて敏感である。
 (中略)
目の中のミトコンドリアへのエネルギー供給が不安定になるとか、ミトコンドリアのパフォーマンス全般が不振になるだけでも、頭がもやもやしたり頭痛がしたりするが、それに加えて灰色の微妙な色合いを知覚する能力を失うことがある。実際、灰色の色合いに対する知覚の変化はミトコンドリアが毒に曝露したかどうかの診断に用いられる。
いつ何どきでも、目はあなたの周囲の世界について膨大な情報を取り入れるから、脳はそれをすべて処理し解析するために大量のエネルギーを必要とする。目が不自然なスペクトルの光の中で機能せざるをえないとき、ミトコンドリアにストレスを加え、エネルギー生成を減速させ、フリーラジカル生成を増加させ、ミトコンドリアを損傷する。
その結果、脳はなおさら、目が取り入れた光の情報の処理がしにくくなる。このことは頭脳のパフォーマンスを大きく阻害する。ミトコンドリアは互いに連絡を取り合ってもいるから、目のミトコンドリアにストレスがあると、脳、心臓、その他体内のあらゆる場所のミトコンドリアに悪影響を及ぼす。
幸いなことに、あなたは環境にあるさまざまな光をたいていは管理できている。文字どおり問題に光を当てるだけで、ミトコンドリアの機能を改善できる方法はたくさんある。
今日、僕らはかつてないほど不自然なスペクトルの光──これを「ジャンクライト」と呼ぶ──にさらされている。
ふだん家や会社などの室内であなたが浴びている「白色LED」や「電球形蛍光灯」などの新しい人工光には、体と脳に必要な太陽光の周波数の多くが欠けている。人工光では自然の太陽光に見つかる赤外線、赤色光、紫色光が除去されてしまっている。そして青色光(ブルーライト)を僕らが対処できる以上に強化してしまった。
僕らは電気を節約できるエネルギー効率の良い照明を創出することで長足の進歩をとげたが、皮肉にもその同じイノベーションが僕らのミトコンドリアのエネルギー危機を招いている。これぞジャンクライトだ。
ちょうど僕らが自然をいじくりまわし、食物をちょっと変えてジャンクフードを生み出したときに図らずも健康を台なしにしてしまったように、いま、僕らは自然の光源をちょっと変えてジャンクライトを生み出すことで、自分たちの生体を台なしにしている。そしてミトコンドリアはそんな光の中で進化してきたわけではないから、この状況をうまくしのげていない。
 (中略)
僕が最初に光の周波数とその生体に及ぼす影響について気づいたのは、もっと前だった。10代のころ、スキッピーと名づけたイグアナを飼っていたのだが、彼は一定のスペクトルの光を浴びせていないと死んでしまうと聞いていた。自然の日光は大丈夫なのだが、屋内では特殊な爬虫類向けの紫外線がなくてはならなかった。
当時僕は、ヒトと爬虫類はずいぶん違うんだなと思いつつ、なぜ僕らにはそれほど光が重要じゃないのかと不思議に感じたが、ヒトが爬虫類よりずっと進化しているせいだと考えた。だが本当は、僕らとスキッピーは大差がなく、違いは「自分たちのほうがずっと進化している」と考える能力だけだった!
 (後略)
・・・・・引用終わり・・・・・
朝起きたら朝日を浴びると狂ってきた体内時計がリセットされると聞いたことがあります。太陽は地球の環境に大きな影響を与えており、生物はその太陽の仕組みをミトコンドリアを通して体内に取り入れることで、地球環境に同化しているのではないでしょうか。




孫悟空

« 雌雄分化⇒差異の促進⇒性淘汰の強化は種としての適応可能性を高める軸で貫かれている | トップページ | 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/73740963

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトはミトコンドリアを通して太陽の仕組みを体内に取り込んでいる:

« 雌雄分化⇒差異の促進⇒性淘汰の強化は種としての適応可能性を高める軸で貫かれている | トップページ | 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ