« 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 | トップページ | 単細胞にも知性が備わっていた!高度な情報処理能力を持つ「粘菌の知性」 »

2018年7月 4日 (水)

恐竜が絶滅した巨大隕石衝突後、わずか数年で生命は復活していた

生命の外圧適応原理にまた大きな波紋が。恐竜が絶滅した巨大隕石衝突後、わずか数年で生命圏は復活していた。その外圧適応のスピードと事実は、これまでの我々の常識を覆すと同時に、想像を超えた生命圏(単体ではなく生命の複合体)の持つ凄まじいまでの適応能力と適応可能性を示している。
リンク
東邦大学理学部、東北大学災害科学国際研究所、海洋研究開発機構高知コア研究所、千葉工業大学次世代海洋資源研究センター、米テキサス大学オースティン校による研究チームは、白亜紀末の巨大衝突クレーターの形成後、ごく短期間で生命圏が復活した事を発見したと発表した。
約6,600万年前の白亜紀末に、直径約10kmの小天体がメキシコ・ユカタン半島北部沖に衝突し、恐竜を含む約76%の生物が絶滅した。これまで、衝突地に近い場所で、一次生産(海洋表層での光合成による有機物の生成)が衝突前のレベルに復活したのは、他の場所よりも遅く、衝突から約30万年後であると考えられていた。
しかし、研究チームが、ユカタン半島北部沖で掘削した全長800mにおよぶ柱状試料を用いて、微化石や生痕化石の分析、および元素・同位体分析を組み合わせて調査したところ、天体の衝突で形成したクレーター内では、衝突後2~3年以内という極めて短期間で生物が復活していたことがわかった。
また、少なくとも3万年以内には植物性プランクトンが作る有機物をベースにした多様な生態系が復活していたことも判明した。
研究チームでは、天体衝突後の生命の復活のシナリオが判明したが、同時に、大量絶滅直後の生態系の復活は、そのタイミングや種の構成の両方において、予測がまったく不可能な過程であることも示唆しているとしている。
本研究成果は英Nature誌に掲載される。




 
Bannister

« 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 | トップページ | 単細胞にも知性が備わっていた!高度な情報処理能力を持つ「粘菌の知性」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/73797781

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜が絶滅した巨大隕石衝突後、わずか数年で生命は復活していた:

« 現存する有袋類の一部に見られる性闘争本能の著しい強化 | トップページ | 単細胞にも知性が備わっていた!高度な情報処理能力を持つ「粘菌の知性」 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ