« 生命・細胞・血球の起源⑦-2 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑦-4 »

2018年9月20日 (木)

鉱物が、生体分子を生成する機能としてはたらき、更に生命の一部分となることによって生命体は誕生した。

近代科学は、生命は「海(水)と大気と太陽」の関係で誕生する物語に終始し、その実験成果としてアミノ酸など簡単な「生体分子」の合成までは成功した。しかし、アミノ酸と核酸塩基などの生体分子を重合(結合)するには至っていない。その原因は、岩石→「鉱物」を見落としてきたからだ。
約40億年前の凄まじい地球環境下では、水と大気と太陽の関係で生命の基となる「生体分子」が生成されたとしても、強烈な紫外線照射などによってすぐに分解する。結合反応の速さと分解反応の速さが同じで、極小の生体分子同士が結合を繰り返して複雑な構造になるのは不可能だったに違いない。
炭素を基本骨格とする無機分子から「有機分子」を誕生させ、有機分子を重合(結合)しタンパク質を構成するアミノ酸などの「生体分子」を生成し、そこから分解することなく生体分子が重合(結合)してタンパク質や核酸などの高度に組織化された「高分子」に進化するには、海底火山が噴出する熱水孔のある海底で、鉱物によって構造化された水=『構造水』が不可欠で密接に関係している。
そして、高分子を重合し酵素・RNA・DNAを経て組織化して「生命体」に至るには、水に溶け込んだ鉱物の必要成分を選択して生体分子に取り込む『細胞膜』が不可欠で密接に関係している。
つまり、鉱物が、無機分子を集め固定して有機分子→生体分子→高分子を生成する機能としてはたらき、更に鉱物そのものが生命の一部分となることによって生命体は誕生した。
<※参照>
・【地球のしくみ】28(総集編2/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生命の誕生編>リンク
・【地球のしくみ】13~原始から一貫して、生命は「海=鉱物が溶け込んだ水中」で誕生し、育まれてきたリンク
・【地球のしくみ】14~鉱物によって構造化された水(構造水)こそが、生命誕生に不可欠な環境条件だった!リンク
・【地球のしくみ】12 生物の起源~海を膜内部で濃縮・高分子化することで、生物は誕生した~リンク




麻丘東出 

« 生命・細胞・血球の起源⑦-2 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑦-4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/74067623

この記事へのトラックバック一覧です: 鉱物が、生体分子を生成する機能としてはたらき、更に生命の一部分となることによって生命体は誕生した。:

« 生命・細胞・血球の起源⑦-2 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑦-4 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ