« 生命・細胞・血球の起源⑦-4 | トップページ | 寄生虫の感染では、宿主と寄生虫の両方がカンナビノイド分子を産生する1/2 »

2018年10月 5日 (金)

寄生虫の感染では、宿主と寄生虫の両方がカンナビノイド分子を産生する2/2

In Deep 【リンク】からの転載です。
続きです。
 
ディルマン氏は以下のように述べる。
「私たちは、寄生虫が自らの体内に大麻様の物質を産生しているというこの発見にとても驚きました」
「そして、この研究で調べたほとんどすべての虫(線虫、蠕虫などのいわゆる寄生虫)にエンドカンナビノイドのシステムが存在することを考慮しますと、その経路は膨大な数の種に渡って進化的に保存されていると考えられます。つまり、体内の古い、そして重要なシステムなのです」
カリフォルニア大学リバーサイド校にあるディルマン氏の研究室では、ラットの胃腸に寄生し、広く研究されている寄生虫である N. ブラシリエンシス(N. brasiliensis)がエンドカンナビノイド、特にアナンダミド(人間などの体内でも産生されるカンナビノイド)を産生することを発見している。
今回の研究により、このシステムは、ヒトに寄生する最も一般的な蠕虫である回虫および鉤虫を含む多くの寄生線虫内で保存されていることが明らかになった。
ネアー氏にとっては、これがチームの「最も刺激的な発見で、そして最大の発見」だという。
ネアー氏は以下のように言う。
「これらの寄生虫のカンナビノイド・システムはヒトの行動、痛みの軽減に大きな影響を与えている可能性があり、それは寄生虫と宿主の双方に影響を与え合っている可能性があるのです。このカンナビノイド系が存在しなければ、感染した宿主は、より大きな負担を担うことになるでしょう」
実際に、研究室でのマウスでの実験では、寄生虫のこのカンナビノイド系の経路を遮断すると、体調がより悪化してしまった。
「私たちの現在の研究は鉤虫に焦点を当てていますが、現在、他の蠕虫を調査する準備が整っています。 宿主と寄生虫がエンドカンナビノイドを誘発し、それにより宿主の組織の炎症が軽減され、摂食行動が改善されるかどうかを調べるのです」
「寄生虫は宿主の栄養素を枯渇させるので、それが摂食改善の状態を引き起こすということは理にかなっています」
また、ネアー氏はさらに次のように語った。
「抗炎症性エンドカンナビノイド系は、鉤虫感染症だけでなく、セリアック病および炎症性腸疾患の治療のための可能性についても洞察されています」
ディルマン氏は、寄生虫がヒトのカンナビノイド系を、胃腸機能を含む多数の病理および行動において支配していると述べる。そして、これまで、寄生虫がこのエンドカンナビノイド経路を操作していることを誰も知らなかったことを強調した。
そして、ディルマン氏は以下のように言った。
「私たちの研究は、私たちが当初追求しようとしていたことより興味深い研究課題を引き起こすことになっています。これは将来的に有望な治療につながる可能性があります」
この研究は、アメリカ国立衛生研究所からの 275,000ドル(約 3000万円)の助成金によって支えられており、カリフォルニア大学リバーサイド校が追加の支援を行った。
以上転載終了




匿名希望

« 生命・細胞・血球の起源⑦-4 | トップページ | 寄生虫の感染では、宿主と寄生虫の両方がカンナビノイド分子を産生する1/2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/74288303

この記事へのトラックバック一覧です: 寄生虫の感染では、宿主と寄生虫の両方がカンナビノイド分子を産生する2/2:

« 生命・細胞・血球の起源⑦-4 | トップページ | 寄生虫の感染では、宿主と寄生虫の両方がカンナビノイド分子を産生する1/2 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ