« 男?女?それとも…?一生に1つとは限らない性別の不思議 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑧-2 »

2018年10月 7日 (日)

オス本来の役割は闘争課題を担いメスをサポートすること

雌雄分化は、元々環境が変わっても種が存続できるように、性質の異なる個体を増やすことを目的とした生物史の中でも生命の誕生や光合成に次ぐ大進化である。
雌雄分化により、メスはオスから遺伝子をもらい子孫を残し、オスもその遺伝子をメスに運ぶという役割が与えられた。どちらも重要な役割だが、メスは子孫を残すために大量のエネルギーを費やすため、オスが闘争課題を担い「コスト」のかかる作業を請け負うことで、メスも安心して子孫を残せるようになったのだ。
以下引用サイト
リンク
**********************************
■どうしてオスが必要なのか?
しかし、不思議である。もし、すべての個体がメスであれば、ペアになったどちらもが子孫を残すことができる。つまり、子孫の数は倍になるのだ。それなのに、どうして子どもを産むことができないオスという存在があるのだろうか。
じつは「どうしてオスが必要なのか?」というあまりに素朴な問いに対する明確な答えは、残念ながら出ていない。それでもしかし、世の中には「オス」が存在している。きっと、オスは確かな存在価値を持って存在しているはずである。男性の皆さんは、せめて、そう思うしかないだろう。
生物に二つのグループが作られたとき、最初からオスの個体とメスの個体とが作られたわけではない。もともと生物に作られたのは、生殖細胞としてのオスの配偶子とメスの配偶子である。配偶子は大きい方が栄養分を豊富に持つことができるから、生存に有利である。そのため、大きい配偶子は人気がある。大きい配偶子とペアになることができれば生存できる可能性が高まるからだ。
ただし、大きければ大きいほど良いというわけではない。配偶子が大きくなると、移動しにくくなってしまうのだ。遺伝子を交換して、子孫を残すためには、配偶子同士が出会わなければならないから、これでは都合が悪い。もっとも、人気のある大きな配偶子は、他の配偶子の方から寄ってくるから、そんなに動く必要はない。それでは、大きさに劣る配偶子はどうすれば良いだろうか。
ただ、待っているだけでは、人気のない配偶子はペアになれないから、自らが動いて、他の配偶子のところに行かなければならなくなる。移動するためには、大きな体よりも小さな体の方が有利だ。そこで、一方の配偶子は逆に体を小さくして移動能力を高めた。
こうして大きな配偶子は、より大きくなっていくし、小さな配偶子は、より小さくなっていく。こうして体の大きいメスの配偶子と体の小さいオスの配偶子が生まれたのだ。ちょうど卵子と精子のようなものだ。
オスの配偶子が、体を小さくすると、生存率は低くなってしまう。しかし、他の配偶子に負けないように移動しなければ、ペアになることはできないから、オスの配偶子は移動能力を優先して、メスの配偶子の元に遺伝子を持って駆け付けるだけの存在になった。こうして、遺伝子を運ぶだけのオスの配偶子と、遺伝子を受け取って子孫を残すメスの配偶子という役割分担ができたのである。
やがて、オスの配偶子のみを作る「オス」という個体と、メスの配偶子のみを作る「メス」という個体が発達した。こうして、子孫を産むことのない「オス」という特別な存在が誕生したのである。どんなに強がって虚勢を張ってみても、生物学的にはオスはメスのために作られた。これは紛れもない真実である。本稿はずっと「男と女」と書いてきたが、本当は「女と男」なのだ。
■すべてはメスのため
生物にとって子孫を残すことがもっとも大切であるとすれば、やはりメスの方が大切である。メスは子孫を残すために莫大なエネルギーを必要とする。これに対して、オスが繁殖に必要とするエネルギーは、メスに比べるとずっと少ない。そのため、オスは余ったエネルギーを使って、メスをサポートするようになったのである。
たとえば、オスは外敵と戦ってメスを守り、メスが安心して子孫を残せるようにする。あるいは、オス同士が戦い合うこともある。しかし、これも、強いオスを選ぶメスの手間を省いているのだ。メスは子孫を残すために、コストのかかる作業をすべてオスに任せているのである。
単独で子孫を残すことのできないオスは切ない。クジャクのように必死にメスにアピールするものもいれば、シカのオスのようにメスを巡って争い合うものもいる。ハーレムを作るゾウアザラシは、うらやましく思うかも知れないが、ハーレムを守るために神経をすり減らし、寿命が短くなってしまうというから切ない。
これもそれも、すべてはメスのためなのだ。男と女というのは、時間もコストも掛かる面倒くさいシステムである。しかし、男と女は生物の進化が創り出した発明だ。そして、男と女は、多様性ある子孫の残すためのものだった。それは、言いかえれば個性ある子孫と言っていい。
そうして苦労して手に入れた個性なのに、人間は、型にはめようとしたり、成績で比べようとしたり、と個性を失くそうと懸命なのが面白い。世の中に男と女がいる。そして、さまざまな個性がある。本当はそれだけで、十分に楽しく豊かなことなのである。
**********************************





西本圭

« 男?女?それとも…?一生に1つとは限らない性別の不思議 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑧-2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/74314924

この記事へのトラックバック一覧です: オス本来の役割は闘争課題を担いメスをサポートすること:

« 男?女?それとも…?一生に1つとは限らない性別の不思議 | トップページ | 生命・細胞・血球の起源⑧-2 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ