« なぜ哺乳類と鳥類は大きな脳を進化させることができたのか? -ビッグデータが解明する脳サイズ進化の謎① | トップページ | 「生物と非生物の境界」は非常に曖昧で、密接に繋がっている。 »

2018年11月22日 (木)

シアノバクテリアが太陽光の届かない地底に存在していた

シアノバクテリアは最古の生物の一種であり、数十億年前から地球上に存在していました。海洋等で太陽光を利用して光合成を行い、地球上に多くの酸素をもたらした生物です。
これまでに発見されたシアノバクテリア(の痕跡)は、太陽光が届く場所でしたが、新たに地下600m超の場所で発見されました。
この地底生息のシアノバクテリアは光合成を行う構造を持っていませんでしたが、水素電子のなかったようですが、これらが上方へ進出して光合成能を獲得し、地球環境を大きく変えた可能性があります。
◇光合成を行うはずのバクテリアが太陽の光の届かない地底で発見され科学者が驚愕
<Gigazine>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
光合成によってエネルギーを生産すると考えられてきた微生物が、太陽の光が届かない地底深くから発見されました。定説をくつがえす「ありえない」発見に、科学者からは驚きの声が上がっています。
シアノバクテリア(藍色細菌)は最古の生物の1つで、数十億年前から地球上に存在していることが確認されています。シアノバクテリアは太陽の力を使って二酸化炭素を糧に成長して酸素を放出し、地球を酸素の豊富な惑星にするという大きな役割を果たしました。
2018年の時点で、シアノバクテリアは砂漠から海洋までさまざまな場所で発見されていますが、これまでに発見された場所はいずれも「太陽の光が当たる場所」でした。太陽の光の届かない地底でシアノバクテリアが発見されたという報告には、多くの科学者が驚いています。
スペイン南西部のイベリア半島にある「イベリア黄鉄鉱帯」と呼ばれる地域の地下には豊かなエコシステムが存在するということは、これまでの調査で研究チームが報告していました。2度目の調査で、これまで足を踏み入れなかった場所が調べられたところ、地下613メートルで研究者が予想していなかったシアノバクテリアが発見されたとのこと。研究者が持ち帰ったサンプルの中でシアノバクテリアは最も多く存在した有機体だったそうです。多くの場合、このような地底では目を持たないfanged crustaceanやBlind Cavefishなどが生息しています。
研究者がサンプルを調べたところ、地底に生息するシアノバクテリアは地上に生息するシアノバクテリアと生物学的にあまり違いはないことが判明。ただし、エネルギーを生成するプロセスは異なり、地底のシアノバクテリアは光合成を行う構造を持ちません。地底のシアノバクテリアの多くは水素が豊富な場所に集中していたことから、これらは水素電子を地底のさまざまな場所に運ぶことでエネルギーを得ているのではないかと研究者はみています。
遺伝子解析の結果、地底のシアノバクテリアの祖先は太陽光がほとんど届かないような洞窟の奥深くなどに存在した可能性が示されたとのこと。研究者は今回の発見について「これまで知られていなかったシアノバクテリアの生態的地位は、彼らの起源と進化に関する研究への道を開きます」と語っており、「火星など地球以外の星で生物が存在できたのはなぜか」といった疑問点の理解の助けになるとしています。
////////↑↑転載終了↑↑////////




稲依小石丸

« なぜ哺乳類と鳥類は大きな脳を進化させることができたのか? -ビッグデータが解明する脳サイズ進化の謎① | トップページ | 「生物と非生物の境界」は非常に曖昧で、密接に繋がっている。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761227/74611466

この記事へのトラックバック一覧です: シアノバクテリアが太陽光の届かない地底に存在していた:

« なぜ哺乳類と鳥類は大きな脳を進化させることができたのか? -ビッグデータが解明する脳サイズ進化の謎① | トップページ | 「生物と非生物の境界」は非常に曖昧で、密接に繋がっている。 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ