« 植物は、特定の波長の音や化学物質を受信・発信して相互にコミュニケーションを取っている。 | トップページ | 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- »

2019年2月11日 (月)

哺乳類は腸管表面のバリア免疫機構を失うことで腸内細菌の定住を可能にした

哺乳類の消化管には多くの細菌が存在し、栄養の分解・消化・吸収作用や免疫系の発達に重要な役割を果たしています。ヒトにおいては、性格や脳の構成への影響をもたらしていることも知られています。
このような腸内細菌の腸管表面への定住は、哺乳類が無脊椎動物時代から存在した腸管表面のバリア免疫機構を失うことによって可能になったことが明らかになりました。
◇脊椎動物の腸の進化から哺乳類の腸内細菌の特殊性を解明リンク
<マイナビニュース>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、哺乳類の腸管表面の粘液層に定住する腸内細菌が、「キチン」を主要素としたバリア免疫機構を失うことと引換えに成立していること、また、それが動物進化の観点から見ると新しい存在であることが明らかになったと発表した。
同成果は、マリンゲノミックスユニットの中島啓介研究員らの研究グループによるもの。詳細は英国科学雑誌「Nature Communications」に掲載された。
ヒトを含めた哺乳類の消化管には多様な細菌が存在し、消化吸収はもちろん、神経系や免疫系の発達においても重要な役割を果たすことが知られている。こういった腸内細菌は腸管表面に定住し、粘液層の主構成タンパクであるゲル形成ムチンの糖鎖部分を消費しているとされ、この役割は多数の動物に共通しているものと考えられてきた。
一方、昆虫などいくつかの無脊椎動物において、腸管表面から分泌されるキチンナノファイバーが網目状のチューブ(囲食膜)を形成し、栄養分は通過するが細菌は通過できないという、バリア免疫機構として機能することがわかっていた。
哺乳類の粘液層と無脊椎動物の囲食膜の働きは、腸内細菌への対処や消化吸収への貢献という意味ではよく似ているものの、それぞれの動物グループで成立した別個な存在と見なされてきた。そこで、無脊椎動物の昆虫と哺乳類の間を埋める知見が得られるとの考えから、脊椎動物を対象に研究は進められた。
まず、ホヤにおいて、昆虫同様に囲食膜の存在し、これが腸内細菌に対するバリアとして機能することを確認した上で、同様の構造がナメクジウオ・ヌタウナギ・真骨魚にも存在することを確認した。
これまで、真骨魚の腸管表面は哺乳類同様に粘液層に覆われ、そこには腸内細菌が定住していると考えられてきたが、今回の研究によると、囲食膜の存在により、粘液層に直接触れることはなかったという。これに対し、哺乳類であるマウスの腸管にはキチンは検出されず、粘液層に大量の腸内細菌が定住していた。
この結果から、キチンによるバリア免疫機構は、脊椎動物にとっては祖先的な特徴に過ぎないとされ、今もなお多くの動物グループで保持されているものの、少なくとも哺乳類においてはそれは失われ、初めて腸内細菌による粘液層への定住が可能になったという説が得られるという。
研究グループは、今回の成果は、動物とその腸内細菌の共生関係がどのように成立したかという進化的な疑問への回答であるとともに、哺乳類の腸内細菌の特殊性を説明するものになるとしており、同成果が、ヒトの予防医学や、畜産や魚の養殖などの研究に役立つことが期待されるとしている。
////////↑↑転載終了↑↑////////




稲依小石丸

« 植物は、特定の波長の音や化学物質を受信・発信して相互にコミュニケーションを取っている。 | トップページ | 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- »

コメント

通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)

学術秘書
池田です。

検事総長に指示し、騒乱罪(刑法106条)で公訴いたします。

理由:
https://www.kitasato-u.ac.jp/sci/univ/chemistry/news/n20190125.html

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927
-----------------------
追補:訂正報道新着
http://kankan2025.jp/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 植物は、特定の波長の音や化学物質を受信・発信して相互にコミュニケーションを取っている。 | トップページ | 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ