« 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- | トップページ | カンブリア爆発の引き金は、地磁気の衰弱にともなう放射線の増大か? »

2019年3月 2日 (土)

植物は音波を感知する聴覚機能を備えている

植物は“耳”という器官を備えていませんが、マツヨイグサは花びらによって、ミツバチの羽音(音波)を感知し、受音して数分後には蜜の分泌量を増やすことが確認されました。
これによりミツバチの来訪・滞在確率を高め、花粉を媒介してもらい次世代を残す可能性を高めているようです。
周波数を識別して作用していることから、“脳機能”を担う仕組みも存在しているのではないでしょうか。
◇植物は、耳がなくても聞こえている。花びらでミツバチの羽が立てる音波を感知(イスラエル研究)リンク
<カラパイア>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
植物に耳はない。だが聞くべき音がきちんと聞こえているという。
人間や動物のような耳はもたないが、音を感知することができるようだ。
イスラエル、テルアビブ大学の研究者が行った研究によると、マツヨイグサ(学名 Oenothera drummondii)は花びらでミツバチの羽が立てる音波を感知しているという。
ミツバチが飛び回る羽音を聞いて数分もすると、ミツの分泌が平均20パーセントも増えることが分かったのだ。
○植物は花びらで音を聴いている
実験では、650以上のマツヨイグサに対して、静寂、3種の周波数、録音したミツバチの羽音を聴かせて、その反応としてミツの分泌がどのように変化するのかを計測した。
その結果、ミツバチの羽音とそれに似ている低周波数の音を聴いたマツヨイグサには、ちょうど3分後にミツの分泌配合に変化が生じたのである。
一方、静寂と高・中周波数の音では変化が見られなかった。
またマツヨイグサの花びらを取り除いて、先ほどと同じことをする実験も行われた。
すると、ミツの分泌量はちっとも変わらず、花びらがまさに耳の役割をしているらしいことが窺えた。
○受粉のチャンスを高めるための進化なのか?
甘いミツがたくさん出れば、それだけミツバチはそこに長く留まることになる。するとミツバチに花粉が付着する可能性も高まる。
もしかしたらこれに味をしめたミツバチがまた戻ってきてくれるかもしれない。
これらのことは、マツヨイグサが受粉を成功させられるチャンスを高めてくれるかもしれない。
だが、このミツの増量はその目的に適うぴったりのタイミングで起きなければならない。そして、たしかに完璧なタイミングで起きているようだ。
また植物が音波の振動をキャッチできることは、花がボウルのような形状である理由も説明するかもしれない。つまり音を捉えやすくするためだ。
「植物は動物とたくさん触れ合います。動物は音も立てるし、ノイズを聞きもします。だから植物がコミュニケーションのために音を使わないなんて不適応でしょう。」(リラス・ハダニー氏)
○植物にはさまざまなセンサーがある
この研究はまだ査読を受けておらず、音の振動がどのように解読されて、ミツの分泌を促すのかも分かっていない。それでも、最初のステップとしてはとても興味深い発見だ。
これまで接触や日光に対して植物が反応することは知られていた。今度はそこに音が加わったのである。
・ニンゲン、触るな!植物は触られるのを超嫌う。驚くべき防衛反応が明らかに(オーストラリア研究) : カラパイアリンク
 この研究チームは今後、ほかの音や人間などの動物に対して、植物がどのように反応するのかを調べる予定だそうだ。
////////↑↑転載終了↑↑////////




稲依小石丸

« 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- | トップページ | カンブリア爆発の引き金は、地磁気の衰弱にともなう放射線の増大か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植物は音波を感知する聴覚機能を備えている:

« 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明-オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす- | トップページ | カンブリア爆発の引き金は、地磁気の衰弱にともなう放射線の増大か? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ