« 淡水魚と海水魚が共存できる好適環境水 | トップページ | 灼熱の地底の結晶の中で生き続けていた生物 »

2019年7月16日 (火)

原モグラの起源は、爬虫類を挟まない、単弓類←原両生類?

約5.5億年前のカンブリア大爆発後、多様な脊椎生物による生存闘争から、陸地に逃避する「原両生類」が登場する。
そのなかで、水辺から完全に陸地に進出する「原爬虫類」が登場し、そこから陸地の生息環境に合わせ、鳥類型爬虫類と「哺乳類型爬虫類(単弓類)」が登場した、と考えられている。

この単弓類(哺乳類型爬虫類)が、約2.2億年前に変温から“恒温機能”を獲得。
また、単弓類が、汗腺を発達させて乳腺の原型を形成。
このことから、単弓類は、爬虫類と哺乳類の中間体というよりも、原両生類から原哺乳類に繋がっている可能性が高い。
(※そうであれば、単弓類を哺乳類型爬虫類という名前は誤解を招く)
☆原両生類→
原爬虫類→ 鳥類型爬虫類→ (恐竜や鳥類など)爬虫類
☆原両生類→(原爬虫類?)→ 単弓類(哺乳類型爬虫類)→
哺乳類

人類の進化系統は未明だらけ。
Q.原猿にも人類にも継承されている哺乳類の「性闘争本能の強化」は、単弓類に形成されていたか? それとも単弓類のあとか?
Q.真猿から分岐した人類の祖先は、原チンパンジー?、原オラウータン?、それとも原テナガザル?、他?(346069

★人類の進化系統は?
人類 ←原チンパンジー? ←真猿 ←原猿 ←原モグラ ←単弓類? ←原両生類?

 

 

 

麻丘東出

« 淡水魚と海水魚が共存できる好適環境水 | トップページ | 灼熱の地底の結晶の中で生き続けていた生物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡水魚と海水魚が共存できる好適環境水 | トップページ | 灼熱の地底の結晶の中で生き続けていた生物 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ