« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

2019年8月14日 (水)

ミトコンドリアは永遠に細胞分裂を繰り返し自己保存する不老長寿の生き物

生殖の新たな定義「過栄養の排泄」(その1:複相の真核生物の誕生)リンクから引用させていただいます。
-------------------------------------
 もう1つ不老長寿の生き物ではなかろうかと思わせる生き物がいる。それは細胞内小器官のミトコンドリアである。DNAの遺伝子解析が進み、一躍注目されるようになったミトコンドリアは、他の細胞内小器官とは全く異なり、二重の膜で保護されており、かつ、独自のDNAをその中に持っていて、遺伝子情報の言語も異なるという。
 哺乳類にあっては、ミトコンドリアは、通常1つの細胞内に数十個から数百個は存在し、生体が必要とするエネルギーの95%を生産する重要な器官である。
 その起源は、宿主の球状単細胞生物の中へ、極小の単細胞生物・ミトコンドリアが数多く侵入して寄生したのが始まりのようである。その後に共生関係を築き、さらに生物合体を成し遂げたと考えられている。
 こうした単細胞生物の合体は他にもあったようであるが、それぞれのDNAは繋ぎ合わされたり、1箇所に寄り集まって完全に一体化しているのに対し、不思議なことに、ミトコンドリアのDNAだけは合体を果たしていないのである。ただし、部分的に切り離され、宿主のDNAに入り込んでいるようではある。
(中略)
このミトコンドリアは、生物合体を成し遂げたものではなく、いまだ宿主細胞に半寄生・半共生の状態にあると捉えたほうが良いと小生は考えている。たしかにミトコンドリアは宿主細胞に膨大なエネルギーを供給するのだが、ミトコンドリアは高濃度の酸素を要求するのに対し、宿主細胞は酸素を嫌っているからである。よって、宿主細胞は過剰な酸素によって生ずる活性酸素によって痛め付けられ、寿命を短くさせられてしまうのである。
(中略)
 さて、ミトコンドリアは卵子の中に万単位で存在するのであるが、精子(卵子と合体しない尻尾を除く)には全く存在せず、卵子と精子の頭部が合体し、その後、受精卵は急激に細胞分裂を開始するのであるが、卵子に存在するミトコンドリアだけが分裂した全細胞にばら撒かれるとともに自己増殖していくのである。
(中略)
 これが意味することは重要であり、ミトコンドリアはメスからのみ引き継がれるのであり、ミトコンドリアという生命体の立場に立ってみれば、そのメスの体を構成する全細胞に散らばっているミトコンドリアはクローンであるから、その全部が皆、自分であり、たまたま卵子に入ったものもクローンであって、これも自分である。従って、ミトコンドリアは永遠に細胞分裂を繰り返し続けて自己保存する不老長寿の生き物だ、ということになる。
 ところで、そうした自分が1宿主細胞の中に少なくとも数十個体が存在するのであるから、話がやや複雑になる。なぜならば、1宿主細胞の中にそれだけの数のミトコンドリアがいつもいて、宿主細胞の分裂に併せて、それぞれのミトコンドリアも分裂して先々まで各宿主細胞に存在し続けるからである。あたかも数十個体からなる生物が群を成して存在するかのごとくの様相を示し、1宿主細胞の中のミトコンドリア個体間の関係は他人ということになる。
 しかし、その数十個の他人の中には、まれにDNAに傷が付いたりして分裂する力が弱まり、消滅せざるを得ないものも生じてくる。そうなると、健全なミトコンドリアの再分裂で不足分を穴埋めし、これが何度も繰り返されるうちに、やがては1宿主細胞に存在するミトコンドリアは、どれか1個体の分身ばかりで占められるようになるであろう。
 その宿主細胞のうちの特定なものが卵細胞となり、皆、クローンであるミトコンドリアが爆発的に数を増やし、クローンを作り続け、不老長寿の生き物として存在し続けるのである。
----------------------------(引用終わり)----

 

 

 

 

上前二郎

« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ