« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

2019年8月14日 (水)

[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」①

過去の大量絶滅は植物の絶滅から始まっていた!?現代も海の植物達が次々に死滅している...地球が本当に危ない!!

引用元:「In deep」 リンク
-------------------------------------------------------------------------
すべての他の生命の登場に貢献した「植物」という存在。その植物が消えた時には他のすべての生命は再び消える
このブログでは、「植物」というものについて取りあげることが多いです。

植物に対しては、いろいろな考え方があると思いますが、私自身の植物に対しての考え方、そして最近では、微生物に対してもそうですが、おおむね以下のような考えでここ数年固定されています。

これは、以下の過去記事から抜粋させていただきます。

・微生物、植物…。地球上のすべてが人類と共生関係であり表裏一体であるかもしれないことを確認させてくれる「人間と細菌たちの共存=マイクロバイオーム」の概念

In
Deep
の過去記事からの抜粋
昨年、「植物が「緑色」であり続ける理由がわかった…」という記事を書いている時に、「植物がこの世にある意味」というようなことが、おぼろげながらわかってきたのです。

その意味は、おごった意味としてではなく、

「植物は人間のために存在している」

ということです。

「植物は人間のために存在している」というような響きはおごっているように響くかもしれないですが、なぜ、これがおごっていないかというと、

「人間も植物のために存在しているから」

です。

完全な共生。
完全な表裏一体。

それが植物と人間の関係だと認識するようになりました。

そして、今、「微生物もそうだった」ということが、今回のマイクロバイオームについて知ったことで理解できてきたのです。

「微生物(細菌、真菌、ウイルス)は人間のために存在している」

と共に、

「人間は、微生物のために存在している」

とも言えるはずです。

どちらが「上」ということはなく、すべてが共生しているということなのだと理解します。

こういう感じなのですけれど、そもそも、この地球の生命体系というのは、「海にいた古代の藻が、4.5億年前に地上のバクテリアと共生して最初の植物に進化した」ことによって始まり、この時の植物の誕生から他のすべての生命が花開いていったということが、2015年に国際共同研究者たちによって突き止められたのですけれど、これは当時、私は大変に感動したものでした。

海にいて「水のない場所での生活を知らないはずの《藻》」が、地上のアーバスキュラー菌という微生物と「共生する」ことで、

「この地球に最初の植物が誕生した」

のです。当然、この地球には、植物が最初になければ、他の生命の息吹は何も生まれなかったはずです。

4億5千万年前に、「古代の藻と微生物が共生したとき」から、地球のすべてが始まった。

これに関しては、以下の記事でご紹介させていただいています。

私やあなたはなぜ地球にいられる? それは「4.5億年前の藻が植物として地球を支配するため」に上陸したから

英国の専門機関により初めて解明された「植物はいかにして地球に誕生したか」



さて、この

この地球の生命体系は、植物がいなければ成り立たない

ということがはっきりしたというようなことが、最近の米ネブラスカ大学の研究で明らかになったのです。

それは、地球の歴史上最大の大絶滅があったときに、

まず最初に植物が絶滅していた

ことが判明したのでした。

この地球では、5回の大量絶滅が起きたとされていますが、この研究は、その中で最大の事象であった大量絶滅に対してのもので、以下のような事象です。

ペルム紀末の大量絶滅
-
Wikipedia
古生代後期のペルム紀末、P-T境界(約2億5100万年前)に地球の歴史上最大の大量絶滅がおこった。

海生生物のうち最大96%、全ての生物種で見ても90%から95%が絶滅した。

これらの生物種の大絶滅に先駆けて、「まず地球上から植物たちが消えていた」ということのようなのです。

とりあえず、ネブラスカ大学のニュースリリースをご紹介しますので、お読みくだされば幸いです。

⇒②へ続く

 

 

 

 

土偶

« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大な単細細胞生物~海ぶどう | トップページ | 細胞膜は、内側に代謝機能を制御する“膜骨格”がある「三重構造」!? »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ