« 生物巨大化の謎~昆虫巨大化と酸素濃度の関係~ | トップページ | カンブリア大爆発のころの地球~生物が大量絶滅した要因とは?~ »

2019年11月 5日 (火)

三葉虫が視覚を獲得したのはなぜか?

三葉虫が眼を獲得した時代、それまでに比べて地球の天候に変化があり、地球表面ならびに海中に到達する太陽光の量が増えたようだ。

大気の透明度もまし、生命体が感じ取れる可視光線の量が飛躍的にふえたと分析されている。
もともと磁気を感受するセンサーを生命体はもちあわせていたが、感じ取れる可視光線量がふえたため、磁気だけでなく光量を感じとる機能を強化することで、自分の居場所の海面深度を測ったり、身を隠す判断材料にしたりしていたのではないか?

そのような光センサーを発達させて、太陽光だけでく対象物からの反射光までも感知するレベルまでセンサー性能をあげることで三葉虫は視覚を獲得したのだろう。

 

 

山澤貴志

« 生物巨大化の謎~昆虫巨大化と酸素濃度の関係~ | トップページ | カンブリア大爆発のころの地球~生物が大量絶滅した要因とは?~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生物巨大化の謎~昆虫巨大化と酸素濃度の関係~ | トップページ | カンブリア大爆発のころの地球~生物が大量絶滅した要因とは?~ »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ