« 1160万年前に起きた大量絶滅の痕跡を発見 | トップページ | 猫の気持ち~人間の間違った研究で猫の居場所が失われる!?~ »

2019年12月25日 (水)

「男と女」生殖器は形成過程の駆動物質により、そのときの可能性に収束する①

人間の赤ちゃんが母親のお腹の中で成長する過程では、脊索を獲得し、えら呼吸から肺呼吸を得て、胎生獲得→汗腺機能→授乳→体毛の獲得といった生物進化史を体現しながら進むのだろうか?

少なくとも生殖器は原始生殖細胞が安定と変異を相互に連動しながら、一方を退化・消失させたり、もう一方を進化・形成したりといった活動を繰り返す。元は、両性の機能が用意され、駆動物質(エンドルフィンorテストステロンなど)によって、どちらかの性に収束するという過程がわかった。

---
発生学では、男女、どちらが進化形?
リンク

「男」と「女」の違いをしめす構造体は数多あるが、決定的な差異は男女の生殖器の構造に見ることができる。いまさらながらの疑問であるが、似ても似つかない男女の生殖器はどのようなメカニズムで生みだされるのか。

最新の発生生物学の知見で、生殖器の分化のしくみを探っていくと、そこには造化の神の意思さえ感じさせる、なかなか巧妙なしくみがあった。

なんと、人を創造した造化の神は、「最初に男女ともいずれの生殖器になる器官を用意してから、片方をぶっ潰す」というかなり荒っぽい方法を採用していたのである。


■なんといっても形が違う!
ほかに特徴は?

生殖器官は、大きな特徴を持っている。
男女間の性差が極めて顕著だということである。一見しただけでも、男性のものか、女性のものかが明瞭である。それぞれ、まったく異なる器官を持っているかのごとくにも見えてくる。
男性では尿の通路である尿道の一部を精子の通路として利用している事実もある。尿道もまた、男性が16-18cmほどの長さなのに対して、女性は3ー4cmにも満たず、ここでも大きな性差を見ることができる。

もう1点、それは、太いか細いかは別にして、泌尿・生殖器の器官はすべて、管そのもの、あるいは管の集合体だという点である。管も単純な管ばかりではなく、部分的にふくらむと袋のようになって、その両端が管につながる。
そのようなわけで、泌尿生殖器に属する多くの器官は、細い管をいやというほどたくさん集めてできているということができる。
たとえば、男性なら精巣、女性なら卵巣・子宮が主要な生殖器官で、精巣で生まれた精子、卵巣で生まれた卵子を運びだす"管"(導管)が精巣であり、卵管である。子宮は管がふくらんだ袋状のものだ。
こうした、管はどのようにして、できてくるのだろうか? はじめから男性は男性の、女性は女性の、袋と管が独立してできるのだろうか? その生い立ちを追ってみたい。


■生殖器のもとになる細胞が動きだす

精子や卵子のおおもとになるのは、「原始生殖細胞」である。原始生殖細胞は、卵黄嚢(将来、胃腸管などに変わる)という袋の壁に出現してくる。
受精後4週目ごろになると、原始生殖細胞は原始腸管をからだにつなぎ止めている腸間膜という膜の間を通って、からだの背中側(後体壁)へ向けて大挙して移動し、生殖堤という集塊をつくるようになる。もしこの時期の胚子を解剖していけば、顕微鏡的ではあるが、生殖堤を高まりとして認めることができる。これが将来、精巣や卵巣のいずれか一方の組織になっていく。


■なんと、はじめは男女、両方の器官を用意する!

原始生殖細胞の集まりは、まだ精巣、卵巣、いずれにも分化していないので、この段階では、未分化性殖腺、あるいは未分化性腺とよんでいる。
受精後5週目ごろになると、未分化性腺と隣り合うように泌尿器官(腎臓)の前段階にあたる中腎もできてくる。そのため、中腎から尿を運びだす中腎管(ウオルフ管)、それと未分化性腺の導管であるミュラー管(中腎傍管)もできてきて、その末端は将来の膀胱の下端部になる尿生殖洞につながっている。
この時、ミュラー管は右と左のものが正中部で合一して、尿生殖洞に開口するようになる。

※5週目ごろの胚子で、生殖腺と関連する器官
・未分化性線:将来の精巣、もしくは卵巣
・中腎:腎臓の前段階のもので、いずれ退化・消失
・中腎管(ウオルフ管):中腎の導管。男性では、将来の精管
・ミュラー管(中腎傍管):未分化性腺の導管。女性では、将来の卵管

このようして、まず生殖器ならびに泌尿器の2系統の装置とそれらの導管が確保されるというわけだ。
往々にして、生殖器は、泌尿器とともに「泌尿・生殖器系」とひとまとめにされることも多いが、こうした器官の出自を見ても、お互いに交錯する部分が多いため、その妥当性にも多いにうなづける。
そして、見逃せないのは、この段階の胚子では、〈精巣ー精管〉の男性、〈卵巣ー卵管〉の女性、両様の性に備えて、どちらの性にも転がり込んでいける素地を装備している点である。

(次に続く)

 

 

たかじん

« 1160万年前に起きた大量絶滅の痕跡を発見 | トップページ | 猫の気持ち~人間の間違った研究で猫の居場所が失われる!?~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1160万年前に起きた大量絶滅の痕跡を発見 | トップページ | 猫の気持ち~人間の間違った研究で猫の居場所が失われる!?~ »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ