« 古生代より古い時代の地球とは?(先カンブリア時代) | トップページ | 中国で最古の巨大恐竜を新発見、進化や超大陸の新説浮上 »

2019年12月 4日 (水)

恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した

恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した

※恐竜の絶滅は卵が孵化しなかったことが原因

リンク

2009年2月13日、新華社によると、中国地質大学地球科学学院の教授、徐冉(シュー・ラン)博士及び河南理工大学資源環境学院の胡斌(フー・ビン)教授はこのほど、恐竜滅亡の謎に新説を発表した。まもなく科学誌・中国科学に論文が掲載されるという。

白亜紀後期の恐竜の卵の化石内部には大量の真菌の化石が残されていたという。分析を進めたところ、真菌が卵を浸食している状況が明らかになったという。白亜紀後期からはふ化しなかった恐竜の卵が大量に発見されていることから、研究チームは真菌の影響により卵がふ化せず、恐竜の絶滅につながった可能性を指摘している。

白亜紀後期と暁新世の変わり目の時代、すなわちおよそ6500万年前には隕石の衝突、世界的な森林火災、火山の頻繁な爆発などの影響で、真菌が激増したことが知られている。新説は従来の研究とも符合するもので、いまなお解明されない恐竜絶滅の謎に新たな光をあてるものとなりそうだ。


※孵化しない原因は真菌にある。

リンク

真菌は植物でも動物でもなく、その大きさは顕微鏡でようやく見えるものから肉眼で容易に見えるものまで様々です。かつては植物と考えられていましたが、現在では独自の区分(界)に分類されています。

・真菌の胞子は空気中や土壌中に存在することが多いため、真菌感染症は通常は肺や皮膚から始まります。
 
・免疫系の機能が低下していない限り(通常は薬や病気によって生じる)、重篤な真菌感染症はまれです。
 
・この感染症は通常はゆっくり進行します。
 
・抗真菌薬は、感染部位に直接塗ることもあり、重篤な場合は、内服や注射で投与する場合もあります。

真菌は次の2つの形態で発育します。
・酵母:単独でみられる円形の細胞
 
・カビ(糸状菌):多数の細胞で形成される細長い糸状の構造(菌糸)

ライフサイクルの中で両方の形態を取るものもあります。
多くの場合、真菌は土壌や腐敗した植物の中で増殖します。パンのカビやキノコ類など多くの真菌は、肉眼で見ることができます。
 
 真菌は独自の区分(界)に属し、植物でも動物でもありません。

真菌は、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中や土壌中に存在していることが多く、体内に吸い込まれたり、皮膚などの体表面と接触したりします。そのため、真菌感染症は通常、肺や皮膚から始まります。
皮膚に付着したり、肺に吸い込まれたりする様々な種類の胞子のうち、人に感染するものはごく一部にすぎません。数種類の真菌は、以下のいずれかに該当する人で感染症を引き起こします。

・免疫系の機能低下
 
・体内の異物(人工関節や心臓弁などの医療機器を含む)

化学療法薬や臓器移植後の拒絶反応を予防する薬など、免疫系の機能を低下させる薬(免疫抑制薬)を使用したり、エイズなどの病気にかかったりすると、免疫系の機能が低下することがあります。

 

 

 

恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した

※恐竜の絶滅は卵が孵化しなかったことが原因

リンク

2009年2月13日、新華社によると、中国地質大学地球科学学院の教授、徐冉(シュー・ラン)博士及び河南理工大学資源環境学院の胡斌(フー・ビン)教授はこのほど、恐竜滅亡の謎に新説を発表した。まもなく科学誌・中国科学に論文が掲載されるという。

白亜紀後期の恐竜の卵の化石内部には大量の真菌の化石が残されていたという。分析を進めたところ、真菌が卵を浸食している状況が明らかになったという。白亜紀後期からはふ化しなかった恐竜の卵が大量に発見されていることから、研究チームは真菌の影響により卵がふ化せず、恐竜の絶滅につながった可能性を指摘している。

白亜紀後期と暁新世の変わり目の時代、すなわちおよそ6500万年前には隕石の衝突、世界的な森林火災、火山の頻繁な爆発などの影響で、真菌が激増したことが知られている。新説は従来の研究とも符合するもので、いまなお解明されない恐竜絶滅の謎に新たな光をあてるものとなりそうだ。


※孵化しない原因は真菌にある。

リンク

真菌は植物でも動物でもなく、その大きさは顕微鏡でようやく見えるものから肉眼で容易に見えるものまで様々です。かつては植物と考えられていましたが、現在では独自の区分(界)に分類されています。

・真菌の胞子は空気中や土壌中に存在することが多いため、真菌感染症は通常は肺や皮膚から始まります。
 
・免疫系の機能が低下していない限り(通常は薬や病気によって生じる)、重篤な真菌感染症はまれです。
 
・この感染症は通常はゆっくり進行します。
 
・抗真菌薬は、感染部位に直接塗ることもあり、重篤な場合は、内服や注射で投与する場合もあります。

真菌は次の2つの形態で発育します。
・酵母:単独でみられる円形の細胞
 
・カビ(糸状菌):多数の細胞で形成される細長い糸状の構造(菌糸)

ライフサイクルの中で両方の形態を取るものもあります。
多くの場合、真菌は土壌や腐敗した植物の中で増殖します。パンのカビやキノコ類など多くの真菌は、肉眼で見ることができます。
 
 真菌は独自の区分(界)に属し、植物でも動物でもありません。

真菌は、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中や土壌中に存在していることが多く、体内に吸い込まれたり、皮膚などの体表面と接触したりします。そのため、真菌感染症は通常、肺や皮膚から始まります。
皮膚に付着したり、肺に吸い込まれたりする様々な種類の胞子のうち、人に感染するものはごく一部にすぎません。数種類の真菌は、以下のいずれかに該当する人で感染症を引き起こします。

・免疫系の機能低下
 
・体内の異物(人工関節や心臓弁などの医療機器を含む)

化学療法薬や臓器移植後の拒絶反応を予防する薬など、免疫系の機能を低下させる薬(免疫抑制薬)を使用したり、エイズなどの病気にかかったりすると、免疫系の機能が低下することがあります。

 

 

 

恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した

※恐竜の絶滅は卵が孵化しなかったことが原因

リンク

2009年2月13日、新華社によると、中国地質大学地球科学学院の教授、徐冉(シュー・ラン)博士及び河南理工大学資源環境学院の胡斌(フー・ビン)教授はこのほど、恐竜滅亡の謎に新説を発表した。まもなく科学誌・中国科学に論文が掲載されるという。

白亜紀後期の恐竜の卵の化石内部には大量の真菌の化石が残されていたという。分析を進めたところ、真菌が卵を浸食している状況が明らかになったという。白亜紀後期からはふ化しなかった恐竜の卵が大量に発見されていることから、研究チームは真菌の影響により卵がふ化せず、恐竜の絶滅につながった可能性を指摘している。

白亜紀後期と暁新世の変わり目の時代、すなわちおよそ6500万年前には隕石の衝突、世界的な森林火災、火山の頻繁な爆発などの影響で、真菌が激増したことが知られている。新説は従来の研究とも符合するもので、いまなお解明されない恐竜絶滅の謎に新たな光をあてるものとなりそうだ。


※孵化しない原因は真菌にある。

リンク

真菌は植物でも動物でもなく、その大きさは顕微鏡でようやく見えるものから肉眼で容易に見えるものまで様々です。かつては植物と考えられていましたが、現在では独自の区分(界)に分類されています。

・真菌の胞子は空気中や土壌中に存在することが多いため、真菌感染症は通常は肺や皮膚から始まります。
 
・免疫系の機能が低下していない限り(通常は薬や病気によって生じる)、重篤な真菌感染症はまれです。
 
・この感染症は通常はゆっくり進行します。
 
・抗真菌薬は、感染部位に直接塗ることもあり、重篤な場合は、内服や注射で投与する場合もあります。

真菌は次の2つの形態で発育します。
・酵母:単独でみられる円形の細胞
 
・カビ(糸状菌):多数の細胞で形成される細長い糸状の構造(菌糸)

ライフサイクルの中で両方の形態を取るものもあります。
多くの場合、真菌は土壌や腐敗した植物の中で増殖します。パンのカビやキノコ類など多くの真菌は、肉眼で見ることができます。
 
 真菌は独自の区分(界)に属し、植物でも動物でもありません。

真菌は、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中や土壌中に存在していることが多く、体内に吸い込まれたり、皮膚などの体表面と接触したりします。そのため、真菌感染症は通常、肺や皮膚から始まります。
皮膚に付着したり、肺に吸い込まれたりする様々な種類の胞子のうち、人に感染するものはごく一部にすぎません。数種類の真菌は、以下のいずれかに該当する人で感染症を引き起こします。

・免疫系の機能低下
 
・体内の異物(人工関節や心臓弁などの医療機器を含む)

化学療法薬や臓器移植後の拒絶反応を予防する薬など、免疫系の機能を低下させる薬(免疫抑制薬)を使用したり、エイズなどの病気にかかったりすると、免疫系の機能が低下することがあります。

 

 

 

匿名希望

« 古生代より古い時代の地球とは?(先カンブリア時代) | トップページ | 中国で最古の巨大恐竜を新発見、進化や超大陸の新説浮上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古生代より古い時代の地球とは?(先カンブリア時代) | トップページ | 中国で最古の巨大恐竜を新発見、進化や超大陸の新説浮上 »

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ お勧めサイトランキングへ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ